Search this site
イタリア料理教室「トレパンケ」と真の生パスタ「トレパンケ・プリモ」の日常、レッスンの裏話などをご紹介するブログです

レッスンのお申し込みはこちらまでどうぞ  お電話 096-346-7071 メール contact@tre-panche.com
ホームページのCLASSからもお申し込みできます
8月最終日!
 


Ciao!

8月も最後、
さらに夏の終わりにふさわしい雨の一日です
昨日まで心配された台風のため、久しぶりにトレパンケはシャッターをおろして備えました
今日はそのままお休みをいただき、たまりにたまった家の仕事を片づけております
靴を洗ったり、制服にアイロンがけしたり。

昨日はイレギュラーな日程で イタリア菓子専科(日曜クラス)を行いました
今回はスポンジ生地を、クラス初の宿題にさせていただき
一日経たそのしっかりとした生地を使ってのZuccotto組み立てです

ここで今回は さらにもう一つの課題が(゜.゜)
練習したスポンジの成果として パスタ・ジェノベーゼをお一人ずつ順番に作っていただく事です
その間、生地と対話しながらプロセスの流れのままに作っていただくのが目的です
生地と対話って、、、?
料理もお菓子も上手になるコツなんてない!
作り手と作る環境や道具が違うなら、何度も何度も作って、ご自分なりのタイミングや違いを感覚で覚える事しかありません
何秒で、とか何℃でとかではなく、そこをいかに感覚で覚えられるかが、その方の持つセンスです
基礎クラスやソース入門専科でもいつもこんな風にお伝えします
「量ったら下手になる!!」笑

今年からの初の取り組みであるイタリア菓子専科ですが
実は私自身も生徒さまにも、フログなどでの発信を控えていただいています
それはレッスンに通っていただく生徒さまだけの大切な時間だと考えているから。
 それぞれのイタリア菓子はどんなストーリーを抱えてま生まれてきたのか?
 素材の用い方、使い方の日本のお菓子と違う点はどんなところか?
 その違いはどのような理由から発生したのか?、、、ecc.
デコラーレやテクニカではなくイタリア菓子の本質の認識について大事に考えていただく時間にしたいと思うからです

いよいよ専科のレッスンも終盤に突入です
不器用だけど知恵の詰まった想い溢れる 真のイタリア菓子をお伝えしてまいります



話題は変わって、、、 



今日は雨なのでそうめんという気分でもないですが
夏休みの終わりは 大好きな氷見そうめんで締めることにします
このそうめんを知ってからずい分お遣物にもさせていただきました
麺屋がよその麺を、、、っておかしな話ですが
とってもおもしろい食感、のどごしです
他に細うどんなんていうのもありますし、鶴屋さんの地下で取扱いがありますので
トレパンケの生パスタの合間に 一度お試しください(^^ゞ


、、、さて 
今日も食卓がおしゃべりになるお料理 始めましょうか



 
posted by trepanche | 11:35 | イタリア菓子専科 | comments(0) | trackbacks(0) |