Search this site
イタリア料理教室「トレパンケ」と真の生パスタ「トレパンケ・プリモ」の日常、レッスンの裏話などをご紹介するブログです

レッスンのお申し込みはこちらまでどうぞ  お電話 096-346-7071 メール contact@tre-panche.com
ホームページのCLASSからもお申し込みできます
夜クラス増えました!
Ciao!

先日詳しくご紹介させていただきましたソース入門専科。
2月がスタート月ですが、夜のクラスを追加いたしました

初回の2月だけ、イレギュラーで昼夜クラスが別設定となりますが、以降は同日開催です
 昼クラス:2/24(水)  10:00〜12:00
 夜クラス:2/29(月)  19:00〜21:00

月に1度、平日のお仕事後にイタリア料理のお勉強と実益(夕食)を兼ねた時間はいかがでしょうか

ご案内記事はこちら
(お申し込みも上記記事からご案内しています)






、、、さて、
今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか











 
posted by trepanche | 13:05 | ソース入門専科 | comments(0) | trackbacks(0) |
ソース入門専科
Ciao!

来月からスタートする第佐ソース入門専科
生パスタをおいしく食べていただくための、イタリア料理の基本姿勢を学ぶ「教本」のようなコースです
イタリア料理は今やとてもシンパシーな料理ですが、以外と知れれていないのが「ルール」
何より最初に考えるべきは地域性。
それにより導き出される、絶対に合わせなければいけないもの、逆に合わせてはいけないもの。
そして、和食とは違う調理法と素材の使い方。
それらを理解することで、応用も自由自在です

ソース入門専科では、5種類の生パスタに合わせて、基本的な春夏秋冬20種類のソースを10回にまとめました
初回は、最も基本的なトマトソースと、身近な旬のねぎを使ったソースの2つをご紹介いたします

トマトソースに準備するのはにんにくとオイル、バジル、塩だけ。
たったそれだけの材料で深みのあるソースができるのは、イタリア料理のある基本的な調理法が関係しています
そして、使うスパゲティやトマトソースの地域性や背景を読み取ることで、何を合わせるべきかが自然と見えてくるのです
調理技術よりも、まずは歴史や理論などを理解する事から始めましょう
おうちの料理はもちろん、何気なくいただくいつものレストランのお料理も、よりおいしく楽しい時間になります

生パスタのためのソース入門専科第佐 初回は、2016年 2月 24日 (水) 10:00 スタートです
2月より11月までの全10回
レッスン料は10回分で ¥ 30,000 です 
19:00〜の夜クラスもございます。


お申込み、お問合せはこちら


ブログ TOP は こちら











*画像は検銑拘のレッスン画像です
 毎年、一部メニューは変わります




、、、さて、
今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか








 
posted by trepanche | 18:55 | ソース入門専科 | comments(0) | trackbacks(0) |
ソース入門専科最終回


Ciao!

ソース入門専科拘、本日最終回!

11月ですので、体を温めるスープやオーブン料理。
どちらも茹でたパスタをさらに鍋やオーブンで再加熱する料理には、コシの強いリガトーニを使います
(トレパンケプリモのリガトーニの詳細はこちら

器まわりのカリッとした食感もいいですが、
グラタンが冷めてからのしっかりした小麦の味と歯ごたえも捨て難い楽しみの一つです
 
また、1僂領慇擇蠅砲靴謄后璽廚良發実としての楽しみ方も
リガトーニの汎用性やポテンシャルの高さゆえ👌

ひよこ豆と野菜たっぷりのスープは、今日一日を丸ごと包んでくれるおばあちゃんみたいなスープです

明日もきっといい日♪



、、、さて、
今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか









 
posted by trepanche | 19:01 | ソース入門専科 | comments(0) | trackbacks(0) |
6月のパスタ

Ciao!

6月のパスタ 2タイプ
 ◆ツナとオリーブのカザレッチェ
 ◆リガトーニのペスト・ジェノベーゼ

どちらも、6月の「ソース入門専科」でご紹介したものです
特にカザレッチェは、ティアラボのワンショットレッスン「ボンジョルノ」でもご紹介させていただきました

どちらもランチにチャチャっと作っていただける簡単なものですが、
今回ソース入門専科では、すりばちを使ってジェノベーゼを作るという試みを!
本来は「モルタイオ」と呼ばれる大理石製の乳鉢を使いますが、日常にはスティックミキサーやフードプロセッサーを使うのが一般的です
では、なぜ今さらすりばちなんて???

まず、モルタイオはなくとも、すりばちならきっとどこのご家庭でもお持ちでしょう
ミキサーを使わない最大の利点は、金属のカッターを介さないので、バジルが酸化せずきれいにできるという点にあります
さらに、いい意味でクリーミーではなく絶妙なツブツブ感が残り、食感の旨みと濃厚な味わいを楽しむことができます
ほかに中に混ぜ込むオイルの量が少なくて済み、瓶に入れた時ふたの役割をする最後のオイルがたっぷり入れられるので、保存性が増すというおまけつき♪

道具がちょっと違うだけで、これはご当地ジェノバのリチェッタと同じですね
加える順序がミキサーの場合とは全く異なります
にんにく→グロッソ塩→バジル→松の実→ペコリーノ&パルミジャーノ→オイル、です
同じ地方のフォカッチャを添えて、ぜひお試しください♪

生パスタをお買い求めの方には、この時期おすすめのリチェッタカードもお付けしています


今夜は、少しだけ残ったペーストを大事にいただくため
鱈のロゾラーレのじゃがいも添えに、ペーストをたらたらと(笑)散らしていただきました
ん〜、buono!!!




、、、さて
今日も食卓がおしゃべりになりお料理はじめましょうか














 
posted by trepanche | 15:23 | ソース入門専科 | comments(0) | trackbacks(0) |
パスタソース入門専科
Ciao!

パスタソース入門専科、今年もスタートいたしました!
初回は、基本のトマトソースのスパゲティと、旬のネギを使ったクリームソースのタリアテッレでした
どちらも、「おいしくな〜れ!」という魔法の調理法が使われ、
願いの通り、少ない材料で奥行きのあるおいしいソースへと変化していきます
どれもそうだと思いますが、料理には本にはどこにも書いていないポイントがたくさん存在いたします
一つ一つのメニューが、ご家庭でのごくありふれた一品になればうれしいです

下の画像は、2名の講師による前々日の練習風景ですが、
当日は本物の生徒さまを前に、わたくし以上にパスタやソースのお話を熱心にお話いただきました♪

ありがとうございました!









、、、さて
今日もおしゃべりになるお料理はじめましょうか






 
posted by trepanche | 08:06 | ソース入門専科 | comments(0) | trackbacks(0) |
いよいよ!!


Ciao!

いよいよ今週金曜より「ソース入門専科(全10回) 拘」がスタートいたします
初回メニューの一つは、パスタだけに限らずあらゆるイタリアンの基本となる「トマトソース」のスパゲティ。
材料はホールトマトとにんにくとバジル、あとはオリーブオイルと塩だけ。
手順も材料もシンプルですが、パルミジャーノをかけていただくそれは、慈悲深い美味しさに包まれています
けれどシンプルなだけに、ごまかしが効かず難しいといわれるのも事実です

そしてもう一つは、今が旬のネギのクリームソースのタリアテッレ。
ネギの旨みを最大限に引き出す調理法や、タリアテッレとの合わせ方をご紹介します

スパゲティとタリアテッレ、、、
まったくタイプの違うパスタの使い分け方、ソースの使い分け方など、
ソース入門専科では、旬の身近な食材を使いながらイタリア料理の奥義が詰まったコースです


そしてさらにいよいよ!
今期からこのコースをトレパンケ講師たちが担当させていただきます
よく友達がわたくしの様子をアヒルの水かきとか、鶴の機織りなどと表現するように、
講師たちもまた、表には見えないところで勉強を重ねてきました
トレパンケ一同、ご参加の方とお会いできるのを楽しみにお待ちしております


、、、さて
今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか




 
posted by trepanche | 09:33 | ソース入門専科 | comments(0) | trackbacks(0) |
本日のレッスンから


Ciao!

今日はソース入門専科鹸の2回目です
一回のレッスンで、一つのパスタに対応した基本と応用のソースを作るのが一般的ですが
予定した食材の微妙な旬のズレで、1回目、2回目ともフレキシブルに変更中です

レジネッテと合わせるアスパラとしらすのパスタは まさしく春を味わうパスタの一つですが
素材が家庭的すぎて華やかさに欠けるのが少し残念なところ。
ということで、今日は早めのスタジオ入りでトッピングの飾りを準備してみました
ピーラーで薄くスライスして水気をふき、低温オーブンでじっくり焼いて香りを凝縮!
風味も盛りも3D仕様にチェンジ!!


写真は少し時間が経ってからの撮影のため、パスタが少し乾燥気味なのはお許しをちゅん


、、、さて 
今日も食卓がおしゃべりになるお料理 始めましょうか







 
posted by trepanche | 22:02 | ソース入門専科 | comments(0) | trackbacks(0) |
祝✿郡生ご卒業!


Ciao!

先週のことになりますが、
通称「ソースレッスン」こと、生パスタのためのソース入門専科(郡) が終了いたしました!!

11月の最終回は弾力のある肉厚リガトーニを使ってオーブン料理を2品。
どちらも丁寧に作ったベシャメルソースを使い
1つは、簡単にできるサーモンの燻製と合わせ
もう1つは タリアテッレのレッスンでご紹介したラグーと合わせてラザニア風に仕立てました

こうしてみなさんで分け合う料理はテーブルを和やかにしてくれます
毎回のレッスンでも感じる事ですが
きれいにベースプレートやカトラリーがセットされたテーブルでも
何かバゲット一皿でも取り合うお皿があるのとないのとでは 雰囲気がずい分違うものなのです♪
ご欠席の方も含め、金曜と土曜クラスのソース入門専科郡生11名様
おめでとうございます!
ぜひこれからもパスタ料理をお楽しみくださいませ


ソース入門専科鹸は 2014年2月からスタートいたします
来年は金曜日に昼11:00と夜18:30の2コースをご用意いたしました
各種類の生パスタの生い立ちや特性を学び
身近な季節の食材を使いながら 毎回2種、全20種のソースをご紹介いたします

スケジュールのやメニューの詳細は下記の通りです(日程やメニューは変更になる場合もございます)

 1)  2/7(金)「スパゲティ」      ・トマトソース
                         ・イカ墨のソース
 2)  3/7(金)「タリアテッレ7弌     ・そら豆とロースハム
                        ・鶏のラグー
 3)  4/4(金)「カザレッチェ」      ・そら豆とアンチョビ
                         ・ツナとオリーブ
 4)  5/9(金)「スパゲティ」      ・冷製 生トマト
                         ・冷製 いわしのマリネ
 5)  6/6(金)「レジネッテ」       ・しらすとアスパラ
                         ・ヤリイカとブロッコリ
 6)  7/4(金)「カザレッチェ・テーネロ」・ペストジェノベーゼ
                         ・くるみのソース
 7)  8/1(金)「レジネッテ」       ・ソーセージとケイパー
                         ・たこのラグー
 8)  9/5(金)「リガトーニ」       ・アッラッビアータ
                         ・カルボナーラ
 9)  10/3(金)「タリアテッレ5弌    ・生ハムのバターソース
                         ・牛肉のラグー
 10)  11/7(金)「リガトーニ」      ・ラザニア風 
                         ・ひよこ豆のズッパ入り
 
お申込みは
※トレパンケ   TEL    096-346-7071 
           メール  contact@tre-panche.com
           お問合せフォームはこちら
※ティアラボ   TEL    096-273-6123
           メール   happy-kobaba@amail.plala.or.jp
           お問合せフォームはこちら



、、、さて 
今日も食卓がおしゃべりになるお料理 始めましょうか


 
posted by trepanche | 20:54 | ソース入門専科 | comments(2) | trackbacks(0) |
2014年コースレッスン募集スタート!
Ciao!

子飼教室での基礎クラスレッスンに並行して
祝ティアラボオープンのプレレッスンを来週に控え 準備に大忙しです
3連休中も連日朝早くから夜遅くまで 打ち合わせや準備の毎日でした
それに伴い ティアラボでの新入会ご予約やコースレッスンのお問合せを多くいただくようになり
今週より2014年のコースレッスンのご予約をスタートいたします

コースでのレッスンは2種類ございます

◆生パスタのためのソース入門専科 全10回 (2月〜11月)
 毎月1つのパスタをテーマにその形状や地方性を基に 基本ソースと応用ソースの2種類を作ります
 季節の食材やソースとの組み合わせの決まりを 繰り返し丁寧に押さえることで
 自然とパスタの基礎知識が身に付きます
 まずは基本のソースと応用ソースを忠実に繰り返すことから始めてみてください 
 2014年は金曜の11:00と18:30のクラス設定がございます(所要時間 2時間)

◆専門性にこだわるイタリア菓子専科 全12回 (1月〜12月)
 イタリア菓子は無垢です
 けれど丁寧に時間をかけて作られたお菓子は 心に響く力強さを持っています
 そんな不器用なまでに飾り気のないイタリア菓子はなぜ生まれたか?
 宗教的背景の中で時には修道女の密かな楽しみであり、貴族の象徴であり、
 庶民の日常の中で受け継がれてきたお菓子たち
 常に時代や地域性の背景を皆で読み取ることから大切に考える 他にないコースです
 2014年は日曜と月曜の各11:00のクラス設定がございます(所要時間 5時間)

クラスのご案内をご覧いただき 来年からの日程詳細についてはお気軽にお問合せください
お問い合わせは
※トレパンケ TEL    096-346-7071 
                   メール  contact@tre-panche.com
          お問合せフォームはこちら
※ティアラボ TEL    096-273-6123
          メール   happy-kobaba@amail.plala.or.jp
          お問合せフォームはこちら

他にも基礎クラスでは体験レッスンも可能です


、、、さて 
今日も食卓がおしゃべりになるお料理 始めましょうか



 
posted by trepanche | 00:45 | ソース入門専科 | comments(0) | trackbacks(0) |
ひらひらフリルのレジネッテ


Ciao!

9月になりました
今日も朝からずっとさえないお天気です

けれど 今日から新学期☆*゚
規則正しい朝が始まり ちょっとだけですけど一人だけの静寂時間が戻ってきました
お天気がどうであれ!


今朝は あまり知られていないパスタのご紹介です
「レジネッテ」と言って
ひらひらとした形状からフリルという意味があります
それでは このひらひらした立襟のドレスを着ている人は誰でしょう?
そう、王女さま!
だからレジーナは王女という意味で
レジネッタ(単数)使いだと、ミス・○○などに使います
すぐに「miss reginetta d'italia」などと検索すると 水着やドレスの審査風景が見れると思いますよ♪
そんなひらひらのレジネッテ
このフリルにソースをたっぷり湛えることができるので
あまり濃厚なものよりは オイルベースやトマトソースなどあっさり魚介風味によく使います
一見とても太くしっかりしているように見えて 実は繊細!
だってあたくしたちイタリアの「レジネッテ」ですもの。オホホホホ

さておき、
ソース入門専科では2回にわたり4種類のソースをご紹介中で
ハレの日用に 旬の渡り蟹を使ったソース
、、、これはオマールなどに代えて もっと豪華、濃厚にしてもOK!
日常のケの日用に ソーセージやしらすを使ったソースなど
、、、実際一番登場することになるのかもしれない実用ソースですね

また 全粒粉タリアテッレが秋冬に対して、レジネッテは夏のパスタです
ゆく夏の想い出を一皿に込めてみるなんていかがでしょう♪


、、、さて 
今日も食卓がおしゃべりになるお料理 始めましょうか




posted by trepanche | 09:20 | ソース入門専科 | comments(0) | trackbacks(0) |