Search this site
イタリア料理教室「トレパンケ」と真の生パスタ「トレパンケ・プリモ」の日常、レッスンの裏話などをご紹介するブログです

レッスンのお申し込みはこちらまでどうぞ  お電話 096-346-7071 メール contact@tre-panche.com
ホームページのCLASSからもお申し込みできます
<< 枝つきオレガノ | TOP | プレパラティーボ >>
ルンゴとアメリカーノ☕

Ciao!

 

「大人のたしなみズム」からのエスプレッソ。

あれから種類の違う豆やローストや挽き方やマシンを変えていろいろやってます。

 

ただ、、、

電動と直火式では豆のローストも挽き方も違うし、

家族はフィルターで入れるから、それもまた別です。

それに買い揃えた豆たちも、酸化するから相当積極的に使う必要があって、

特にエスプレッソは一番大事にしたいクレマに差がつきます。

 

んー諦めが早いですが、これはプロに任せて外で楽しむものかと。

人生には「手放す」っていう選択も大事。

 

 

 

で、結局、、、

今日は何年ぶりかにネスプレッソマシンを引っ張り出してみました。

(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

誰が淹れてもスイッチ一つで安定のクレマは、飲み終えてもいつまでもすすっていたい。

 

 

 

ところで、今回番組を見て初めて試したのはアメリカーノという飲み方。

 

今までは、普通のコーヒーみたいにまたはティーみたいにお菓子と同時に飲みたい時、

エスプレッソをお湯の量を多くして抽出する「ルンゴ」で飲んでいました。

 

それに対して、アメリカーノとはエスプレッソを淹れて、それをただお湯で薄めるだけ。

そんな飲み方邪道ですよ!

ずっとそう思ってました。

 

でも!

エスプレッソで作るカフェラテってコクがあっておいしいでしょう?

試してみたらそれと似ていてお湯で薄めてもコクがしっかりいる!

同じ豆のフィルターコーヒーと比べてもかえってこちらの方が円やか。そしてコク!

 

これだけでもイタリアのお菓子の楽しみ方は広がりますよ。

 

 

アメリカーノにクレマは必要ないから、直火式のマキネッタ一択でOKで、

おうちエスプレッソのハードルもぐっと下がるはずです。

お湯をミルクに変えればスタバよりずっとおいしいカフェ・エ・ラテが毎朝いただけます。

イタリアのメーカーの豆でさえあれば!

 

 

 

 

 

 

Ringrazio ognuno...

 

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 19:08 | その他 | comments(0) | - |
コメント
コメントする