Search this site
イタリア料理教室「トレパンケ」と真の生パスタ「トレパンケ・プリモ」の日常、レッスンの裏話などをご紹介するブログです

レッスンのお申し込みはこちらまでどうぞ  お電話 096-346-7071 メール contact@tre-panche.com
ホームページのCLASSからもお申し込みできます
<< ジャポネーゼとイタリアーノ | TOP | ヴェルディッキオ >>
75gー75℃ー75分

Ciao!

 

何も予定のない今日は、早朝からその週のご飯を楽にするための準備。

前日にいつもの肉の大量買いをしたので、

まずはハンバーグやロールキャベツ、ラグーに転用するためのソフリット。

 

その他の豚肉や牛肉の仕分け冷凍作業。

 

そして先週使いかけていた生パスタをサラダや付け合わせ用にとりあえず茹でました。

 

そして7月の野菜不足の時から始まった野菜の浅漬け作り。

その時冷蔵庫に残っていたものを中心に、ベースは昆布と鰹節ですが最近は特に厚削り鰹節が好みです。

にんにくや赤唐辛子風味でもいいし、クミンやフェンネル風味でもご家族の多数決で。

塩味はクラウティと同様で、水を加えた重さの2.5%。

なすは別立てにする必要があるけど、鰹節となすとミョウガはとてもおいしかったな。。。

オリーブオイルをちょっと垂らしたりなんかして。

今日はキャベツときゅうりと玉ねぎ。

きゅうりや玉ねぎは、さらにここから酢の物やサラダがすぐにできるから

結果、イタリアのソットーリオやソッタチェートと同様に

浅漬けはご飯作りの簡単健康最強コンテンツ!

浅漬け野菜でワインもおいしいんです♪

 

それに最近はまった「75℃ー75分」の鮪のソットーリオの仕込み。

覚えやすいのは塩も75gということ!

冷蔵庫から取り出し立てでもとても柔らかくいただけます。

そして、素材としてもトマトやインゲン豆と合わせてサラダや副菜にもなって便利です。

もちろん浅漬けと合わせてもOK。

 

長期自粛生活でずいぶん家庭料理のフォーマット化が進みましたw

 

 

先日リチェッタのクラスでは、ヴェネト料理の歴史と伝統について勉強しました。

バラエティに富んだ地形や

主要な港を持つ海運国家として、昔からモノと情報に溢れていた歴史などによって

いかに伝統料理が生まれていったかがぎっしりとイタリア語でA4紙3枚!

通常のリチェッタと違って見慣れない大過去や遠過去の表現もちらほら。

最初はパニックになりそうな緊張感、からのそのあとは寝落ちしそうな長い時間の後、

イタリア料理とは全く関係ないですが、お遊びで白米の炊き比べをした時の写真です。

ソットーリオの柔らかい質感が伝わるでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

Ringrazio ognuno...

 

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 13:38 | 原語で作るイタリア伝統料理 | comments(0) | - |
コメント
コメントする