Search this site
イタリア料理教室「トレパンケ」と真の生パスタ「トレパンケ・プリモ」の日常、レッスンの裏話などをご紹介するブログです

レッスンのお申し込みはこちらまでどうぞ  お電話 096-346-7071 メール contact@tre-panche.com
ホームページのCLASSからもお申し込みできます
<< カルテッラーテ | TOP | 出端のグリンピース >>
2019年

明けましておめでとうございます。

 

 

ようやく今日仕事始めとなりました。

 

2ヶ月ほど前から家での毎日の夕ごはんを記録し始め、

それをヒントに今年家庭料理としてのイタリア料理が広がるきっかけを探しているところです。

どちらも季節の食材にさほど大きな違いはなくむしろ似ていますし。

 

毎日の料理がもっと簡単になるようにと、

去年は野菜のソフリットを予め準備することと、

ブロードではなく固形スープを薄めて用いることを始めてみました。

これらも大事なベースで、肉や魚の主菜には有用ですが、

野菜ベースの副菜や付け合わせにはさらに具材ともなるものが必要なのです。

 

生ハムやパンチェッタなどのように、ベースとも具ともなるものを用いることができれば

炒めるだけで、煮込むだけで、簡単に毎日のおかずができる。

和食だって、野菜を出汁で炒め煮にするだけより揚げや豆腐が入った方が

味と量のボリュームも成立するように。

 

どちらかといえば最後の選択からこぼれてきた、付け合わせなどのひなびた野菜の副菜。。。

今までは光の陰で目立たず見逃してきた、でも本当は一番大切な料理。

ひじきや切り干し大根の煮物のような、日々の食卓に寄り添った家庭料理をご紹介したい。

そんな想いで一年の初日を迎えました。

 

 

まずは手元にパンチェッタ!

 

で、今日は3本のパンチェッタを漬け込みました。

より身近な食材であって欲しいと思い、今年は必要な方には漬け込みのお手伝いをしてお渡しするとにいたします。

1杯のミネストローネや大麦のスープの美味しさは不純物のないパンチェッタあってこそですから。

 

1月はトスカーナの春を告げるあの食材からスタートします。

 

 

 

今年も一年、みなさまの食卓とともにありますようどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

Ringrazio ognuno...

 

 

、、、さて、

今年も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 16:53 | 基礎クラス | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://blog.tre-panche.ciao.jp/trackback/544
トラックバック