Search this site
イタリア料理教室「トレパンケ」と真の生パスタ「トレパンケ・プリモ」の日常、レッスンの裏話などをご紹介するブログです

レッスンのお申し込みはこちらまでどうぞ  お電話 096-346-7071 メール contact@tre-panche.com
ホームページのCLASSからもお申し込みできます
<< サポーリ・ディ・シチリア | TOP | ヌッビアの赤にんにく >>
記憶の中の味

 

Ciao!

 

厚労省のウェブサイトに、輸入食品に関する食品衛生法違反事例を記載したページがあります。

 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/yunyu_kanshi/ihan/index.html

 

いつ、どこから、誰が輸入した食品の中に

 日本で許可されていないものが入っていましたよ、とか

 日本で許可範囲を超える農薬や添加物や菌が入っていましたよ、とか

 単純に腐敗してましたよ、とか

それらを一覧にしたリストです。

 

日常生活にはあまり関係ありませんが、ぼんやりとスクロールしていると、

何にどんな危険性があるのかをなんとなく感じる事ができますし、

身近な商品や業者名があったりして、一度チェックしてみられるのも無駄ではないと思います。

 

イタリア関連では、ハムやチーズ、塩水漬けオリーブなどに混じって

ナッツ類やそれらを含むかの有名なチョコレート製品などが主な指摘食品のようでした。

当然、イタリアでは子供でも食べる焼き菓子さえも範囲を超えれば指摘指導の対象となり、

輸入されないことが、旅先で出会った味が再現されない原因だと思って目のカタキにしていた気持ちも、

こうして一定の基準の下でガードされている事を知ると、大切な事だと納得させられました。

 

お誕生日に大笑いしながらみんなでつついた巨大なブルーのケーキも

癖になる炭酸飲料も、

チョコレートコーティングの中のプラリネの風味も、、、

風や香りとともに全ては一期一会の旅の記憶として心の中に留めおくからこそ貴重なんだとあらためて思います。

 

 

「言語で作るイタリア伝統料理」はイタリア語の原文を読み解きながら

現地のお皿を再現するべく作っています。

その一皿があなたの旅の記憶の鍵になることを願って。。。

 

 

 

 

 

 

 

Ringrazio ognuno...

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 15:04 | その他 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://blog.tre-panche.ciao.jp/trackback/518
トラックバック