Search this site
イタリア料理教室「トレパンケ」と真の生パスタ「トレパンケ・プリモ」の日常、レッスンの裏話などをご紹介するブログです

レッスンのお申し込みはこちらまでどうぞ  お電話 096-346-7071 メール contact@tre-panche.com
ホームページのCLASSからもお申し込みできます
<< ベルギーエシャロット | TOP | サポーリ・ディ・シチリア >>
00粉

Ciao!

 

朝から晩までご挨拶は「暑いですねー。」の毎日です。

先週から何日も外に出れない状況にあり、この暑さですし、

ずっと家にこもって料理三昧しています。

 

豚まん。

カニクリームコロッケ。

鱧ずし。

手打ちうどん。

シュークリーム。

 

というわけで、我が家は丑の日もまた鱧鮨を作りました。

 

じつはそれ以外は小麦粉を使う料理ばかりで、

人様にご紹介している00粉が家庭料理ではどうなのか?がとても気なっていました。

00粉はエッジを立たせたい料理に使うものであり、フランス粉のようなオールラウンドプレーヤーではありません。

それをわかりやすく説明できればと思いました。

 

結果は、、、

粒子が少し粗い分、ベシャメッラやカスタードなどのクリームは少しざらつくので❌。

ちなみにコロッケのベシャメッラは、バター60g:粉60g:牛乳600gで作りました。

シュー生地は皮のバリバリが際立って⭕。

シュークリームだとクリームと生地で小麦粉を使い分ける面倒さがあり、それだと薄力粉と強力粉と変わりません。

00粉はクッキーだと食感のサクサクバリバリ感、お菓子パンだとクラストのバリバリとクラムのモチモチの対比があってすごくオススメなのだけれど。

肉まんやうどんも⭕。

この2つは粉の質以前においしくて食べすぎ。

灰分多くて真っ白なうどんには仕上がりませんが、いま流行りのオクラとろろと一緒に夏らしくいただいています。

 

 

 

結論としては、何にでも使えるフランス粉はそれはそれで必要だということ😅

 

 

 

 

Ringrazio ognuno...

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 


 

 

 


 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 11:44 | その他 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://blog.tre-panche.ciao.jp/trackback/516
トラックバック