Search this site
イタリア料理教室「トレパンケ」と真の生パスタ「トレパンケ・プリモ」の日常、レッスンの裏話などをご紹介するブログです

レッスンのお申し込みはこちらまでどうぞ  お電話 096-346-7071 メール contact@tre-panche.com
ホームページのCLASSからもお申し込みできます
<< 11月〜12月のプレパレティーヴォのお知らせ | TOP | 2017年カレンダー >>
10月基礎セグメントと、そこから生まれた朝ごはん

Ciao!

 

10月は店先に並ぶ旬の素材を使って思い浮かぶ料理たちでした

 

プリモピアットはロンバルディアのかぼちゃのミネストラ

同郷のタレッジョを使ったシンプルなクリームスープです

 

セコンドピアットは、サワラやサバの燻製にバルサミコ酢とグリーンペッパーのソース

サワラの美味しい時期でしたが、気象変化や国際的?な諸事情で(笑)入荷がだんだん少なくなり

後半はずっと生サーモンを使用いたしました

 

ドルチェは秋から冬のマチェドニア

シロップの下に隠れて見えていませんが、

そこにこそ手間のかかるザバイオーネとマスカルポーネのクリームが隠れいて

さまざまな素材たちをまとめる大役を果たしているのです

そして、ありふれたマチェドニアをワンランクアップさせているのがドライフルーツ

クリスマスの時期には、是非スパイスを効かせてどうぞ。

 

そう言えば、リチェッタ印刷の時に知らないうちにタブを触ってしまったらしく

申し訳ないことに、マチェドニアの最後の仕上げが途中なままのリチェッタをお渡ししているようです

何度目かの印刷の時は空白になったセルをわざわざ削除して、すっかり気づかずいました

次回、新しいものと差し替えをお願いいたします

 

 

 

話は変わりますが

教室の方で、いかに洗い物を出さずに料理を作るか?が日々の課題とおっしゃる方がいます

私もどこまで家事の手間を効率的に、しかも美しい仕事ができるかは終わりなき課題です

 

例えば朝ごはん、、、

胃腸に負担がかからない、そんな朝のルーティーンとなるべきものを探していました

物足りない思いで摂っていたヨーグルト+シリアル+果物でしたが、

このマチェドニアのドライフィグ以来、ワイン煮のイチヂクを追加し、

WEETBIX の代わりに、パスティエーラの大麦を使ってみたら、、、

なんということでしょう✨

わが家なりの最強朝ごはんが完成しました!

 

一食で食べるのは、元は10gにも満たない大麦ですが、プチプチ感とりんごでよく噛むし、

美味しさと、満腹と、体によいものを摂取した満足感もあり、

いわゆるシリアルではなく、大麦の粒が、なんだか感謝する思いをもたらすありがたい朝食です

 

朝ごはんに納得したところで、

次は、ご無沙汰になっていたお弁当作りをいかに効率的なルーティーンにできるかに着手し始めたところです

 

ご家庭でのお知恵を、ぜひ教えてください

 

 

 

 

Rigrazio ognuno...

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 12:03 | 基礎クラス | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://blog.tre-panche.ciao.jp/trackback/411
トラックバック