Search this site
イタリア料理教室「トレパンケ」と真の生パスタ「トレパンケ・プリモ」の日常、レッスンの裏話などをご紹介するブログです

レッスンのお申し込みはこちらまでどうぞ  お電話 096-346-7071 メール contact@tre-panche.com
ホームページのCLASSからもお申し込みできます
<< ブリオッシュ生地2種緊急レッスン | TOP | イタリアパン専科ご案内 >>
ナターレのお菓子


Ciao!

この長方形のお菓子、食べられたことはありませんか?
イタリアのお土産で袋の上からでも細長い長方形でずしんとした重さがあると、このトッローネに間違いありません
アーモンドやピスタチオ、ヘーゼルナッツなどがぎっしり詰まった卵白のヌガーで出来ていて、
大事なものがぎっしり詰まったものは、たいてい歓びのナターレのお菓子です♪
さらに周りにチョコレートコーティングされたものや、高さが高いもの、幾分柔らいタイプなど、様々。
硬いタイプは、こうした専用のナイフや器具、はたまたハンマーなどが必要なものあります。




そこまでしても食べたいほど美味しいお菓子、、、
それに、イタリア菓子の中でも、しょ糖の温度変化を学ぶ上でも大切なので
、イタリア菓子専科の課題として登場します
温度さえ気をつければあとは流し込むだけなので、一見だれでも作れそうなアマレッティなどよりよほど簡単なのです
けれど!
いくつも全ての工程を同時に進行させ、温度を測りながら、同時に仕上げなくてはいけないので
相当神経を「トッローネ」に集中させる必要があります。少なくともわたくしには。
そして、1時間以内にできる割には、使う道具が異常に多いのも、疎遠になるお菓子の一つかもしれません。

美味しくて、日持ちもするし、長方形で無駄なくパッケージできて、形も壊れない「トッローネ」
これは、心のこもったプレゼントにとても最適だと思うのですよ。
さて、今年はどんなトッローネができるのでしょう♪
そろそろお菓子モードに切り替えです



、、、さて 
今日も食卓がおしゃべりになるお料理 始めましょうか







 
posted by trepanche | 11:43 | イタリア菓子専科 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック