Search this site
イタリア料理教室「トレパンケ」と真の生パスタ「トレパンケ・プリモ」の日常、レッスンの裏話などをご紹介するブログです

レッスンのお申し込みはこちらまでどうぞ  お電話 096-346-7071 メール contact@tre-panche.com
ホームページのCLASSからもお申し込みできます
DOP風

 

Ciao!

 

1月のプレパラティーボ「パン・ペパート」

デザインも新たに、今年もたくさんのトレパンケDOPたちが生まれました!

 

 

スパイスもプラスアルファの気持ちも熟成中。。。

 

 

 

 

Rigrazio ognuno...

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 00:17 | 出張・外部レッスン、イベント | comments(0) | trackbacks(0) |
フレーゴラ試食会

Ciao!

 

フレーゴラ試食会

 

大きさの違う3種のフレーゴラを、サルデーニャの方法で再現してみました。

焼いて仕上げるフレーゴラは、独特な「焼き」の風味にかき餅のような懐かしさがあります。

3皿の料理の中には12種のソースやベースと、4種の野菜の下準備が必要で

今さらながらリストランテ流の緻密な仕事に触れ、感嘆するよい機会となりました。

 

 

 

一皿目(ピッコラ)

「フレーゴラのサラダ」

にんにく風味オイルやドライトマトのマリネがベースになっています。

また、貴重なチーズで作ったクレーマ・ディ・フィオーレ・サルドのあしらいが

全体をよりサルデーニャらしい一皿に引き締めていました。

 

 

 


二皿目(メッディア)

「フレーゴラとムール貝のミネストラ」

優しいトマトのクリームとムール貝のお出汁がベースになったスープ。

良質な食材から作られる良質のベースさえ準備できれば、作り方はとてもシンプルです。

日本もイタリアも、特にレストランの料理の鍵は「出汁」であることを再認識しました。

 

 

 


三皿目(グランデ)

「手羽先と香草入りフレーゴラのリゾット」

初めて体験するグランデは想像以上にアルデンテでした。

フレーゴラにドライトマトの煮込みやトマトのクリーム、ブロード、香草が絡み合った複雑な味。

ワインボトルに描かれている小舟は、イグサのようなもので作られる伝統的なボラ漁の舟だそうで、

視覚的にもサルデーニャを堪能しました。

 

 

 

 

ほかにも、

ペコリーノ・サルド・マトゥーロ  D O P  や、パネ・ビストッチュ、レモンの調味料、サルデーニャトッローネ、、、などなどを

サルデーニャのコルク皿やニョケッティ・サルディ専用の編みザルの上に装い、

サルデーニャの食文化をトータルで楽しむことができました。

 

このような貴重な機会をいただき、ありがとうございました。

 

今回使用したソースやベースは、

負担のない作り方を模索して、少しずつご紹介していきたいと思っています。

 

 

 

 

Rigrazio ognuno...

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

posted by trepanche | 14:18 | 出張・外部レッスン、イベント | comments(0) | trackbacks(0) |
フレーゴラ試食会

Ciao!

 

先日お土産に珍しい3サイズのフレーゴラをいただきました。

それぞれオススメの調理法で味わってみたいと、毎日興味津々で眺めています。

 ピッコラはインサラータに、

 ミッディアはミネストラに、、

 グランデはリゾットに、、、

 

試作も許されない一度っきりのサルデーニャの伝統的で最新の味覚を、

できれば興味のある方々と一緒に共有したいと思い

急きょ12月14日(木)下記の内容にて試食会を行うことにいたしました。

ドライトマトやペコリーノを随所にあしらったサルデーニャの味に挑戦します。

 日 程 : 2017年12月14日(木)18:00〜21:00

 定 員 : 6名様

 参加費 : 4,000円

ご一緒に作りますがリチェッタはありません。

ヴェルメンティーノやカンノナウなどお好みに応じてワインはお持ち込みいただいて結構です。

食材に限りがございますのでお早目にどうぞ。

 

 

 

 

 

Rigrazio ognuno...

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

posted by trepanche | 02:39 | 出張・外部レッスン、イベント | comments(0) | trackbacks(0) |
プレパラティーボ、コースレッスンのご案内

 

Ciao!

 

いよいよ11月

うきうき、、でも次第に気ぜわしいシーズンへ突入です

 

例年通り11、12、1月と、イベントのお料理準備レッスン「プレパティーボ」を予定しています。

(画像は昨年のものを使用しています)

 

イタリアではナターレは日本のお正月のような感覚で、

1週間前から少しずつ買い物や下準備を経て、3日前から本格的な料理を始めると言われます

おせち料理と似ていますね。

プレパラティーボは、例えばクリスマスケーキなら神様のご誕生を待つアドベントに入る時期に準備して、

当日はイベントを楽しむことができるように、とスタートしました。

材料を揃えるだけで大変だったり、気の遠くなるような複雑な手順で腰が重いメニューでも、

作ることだけに専念して、素材が発する声を聞き取れるようになることが目標です

「毎年のあれ、美味しかったよねー」と家族の記憶に残る

我が家ならではの定番料理になれば嬉しいです。

 

今年〜来年の予定は次の通りです

 

◆「ナターレのフルーツケーキ」

  日時  2017年11月19日(日) 12:00〜15:00

            20日(月) 12:00〜15:00 

  休ませれば休ませるほどおいしく変化するフルーツケーキ。

  わかっているけどなかなか待てない!プレゼントにもしたい!そんな思いを叶えるために

  今年はスリムタイプを2本ずつ作ります

  イタリアの0粉を使って、どっしりと存在感のある味わいに仕上げます。

  お持ち帰り後に、完全に冷めてから包装してください。

 

 

◆「パネットーネ」

  日時  2017年12月22日(金)  9:00〜14:00

            23日(土祭) 9:00〜14:00

  今年は、ガストロノーミコを作るためのプレーンタイプにも挑戦。

  2日前から準備を始めますので、全行程ご希望の場合は前夜に1時間程度のご参加が必要となります。

  お申込み時に、.譟璽坤鵑筌レンジピールのノルマーレと何も入らないプレーンのどちらかと、

  前日ご参加の有無の2点をご連絡ください。

 

 

◆「プロシュット」

  日時  2017年12月27日(水) 12:00〜16:00

            28日(木) 12:00〜16:00

  お正月のおせち用のハムです。

  ロースハムと、加熱ソーセージタイプの2種類を作ります。

  ソーセージはプレーンな塩こしょう風味、フェンネルやにんにくのフィノッキオーナ風味、

  チョリソー風味など、お好きな風味で自分だけのDOPを作りましょう。

 

 

◆「パン・ペパート」

  日時  2018年  1月28日(日) 12:00〜15:00

            29日(月) 12:00〜15:00

  毎年少しずつ知名度が上がってきたトレパンケのパン・ペパート。

  これも作って熟成させるのが楽しみな、ブランデーやワインと楽しむ大人のチョコレートです。

  一回で3パッケージできますので、プレゼント用にどうぞ。

  こちらもDOP風ラッピングです。

 

 

お持ち帰りのプレパラティーボは、全レッスン 6,000円+食材実費となっております。

 

今年も皆さまのご参加をお待ちしています。

 

 

合わせて来年度の「ソース入門専科」「イタリア菓子専科」「イタリアパン専科」の受付もスタートいたしました。

「ソース入門専科」、「イタリア菓子専科」は1月から、

「イタリアパン専科」は2月からのスタートとなります。

 

 

 

メール:contact@tre-panche.com

お電話:096-346-7071

トレパンケ(東)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Rigrazio ognuno...

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 14:52 | 出張・外部レッスン、イベント | comments(0) | trackbacks(0) |
商店街チュートリアル

Ciao!

 

急きょのPV依頼で、お店のメニュー考案へ。

日常的なお店のメニューとなると、コストを抑えた最盛期の食材である必要があり、

お話を伺いながらいくつか候補を絞った後、一緒にお買い物することにしました

 

まず店頭の箱入りの商品が小分け可能であるかどうかを尋ねます 

「できるよ。どのくらい?」

試作1回分の300gが欲しいけど、お値段は?

「200円。でもこれね、冷蔵庫に入れてたんだけど完熟なんだけどいい?」

もちろん完熟を探してたことを伝えると、、、

「よかったらもう箱ごと持っていかない?」

でも今回は個人用ではないし、、、

「300円でいいよ。」

あらまあ、即買い。

対面販売だと一つ一つの買い物が大変なこともありますが、こんな嬉しいこともよくあります

 

他にもカゴ盛りのほうれん草や

この時期にあまり見かけない大入りのイタリアンパセリ

料理に応じたサイズが選べる卵専門店

業務食料品卸店のバターなど、

料理だけではなく、食材調達のためのお店の取り扱い商品やお店の使い分けや交渉法なども楽しい知識です

 

また必須材料は予約という方法もありますが、品薄の状況でどんなに高額だったとしても

お願いしたものは時価で購入するのがお約束です

メニューに載せているばかりに、時には小さなパックで 2,000円以上するマイクロトマトのサラダを

提示されたもっと安い値段でで提供しなければいけないなどよく耳にする残念な話です

予約するものと当日で間に合うもの、そのような使い分けができるようになれば調達は完璧ですね

 

早速翌日から、お一人で卸やさんの八百屋さんの卸倉庫など隠れたコアな場所へ行かたと聞きました

 

ディープな商店街のお買い物、

大型スーパーの均質のものにはない、それぞれにとっての「特別なもの」を探してみられませんか?

 

 

 

 

Ringrazio ognuno...

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 18:02 | 出張・外部レッスン、イベント | comments(0) | trackbacks(0) |
今年のパネットーネ

Ciao!

 

新しい粉を使って今年最初のパネットーネ!

 

一日伸ばし二日伸ばしして、ようやく起きれた真夜中の種生地作り

2本続け捏ねで指が折れそうになって辛かったこと

持て余す長時間の発酵待ち、、、等々

毎回取りかかりは腰が重いパネットーネ作りですが、頑張った分だけしっかり応えてくれるのはうれしい⭐

 

最初は機械捏ねから始めたパネットーネも

去年からマシンの動きを真似た手捏ねに切り替え、生地のペーハーを調整し、風味ペーストを追加しました

そして今年は粉が変わって時間配分も変わったことで、さらに生地のかさ高感も仕上がりもアップした模様♪

 

日本でお目にかかれない工業製品ではない本来のパネットーネ作りのご案内はこちらです

 

 

 

 

Ringrazio ognuno...

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 15:16 | 出張・外部レッスン、イベント | comments(0) | trackbacks(0) |
11月〜12月のプレパレティーヴォのお知らせ

Ciao!

 

ちらほらと街にイルミネーションが灯り始めました

もう 7月、もう 9月、、、となんとなく言いつつ頑張った2016年も、いよいよまとめの時期に近づいています

 

トレパンケでは年末とバレンタイン準備に、

昨年からプレパラティーヴォというお持ち帰りのレッスンを行っています

今年の 11月、12月の日程が決まりましたのでご案内いたします。

 

 

 

*プレパラティーヴォ 〜ナターレのパネットーネ

 内 容 : 短縮しても3日かかるパネットーネを、降誕節に入るこの時期に準備し、

       生地が熟成して香りが広がるクリスマスまでご家庭で休ませてお召し上がりください

       お持ち帰り時にはセオリーのアスティ・スプマンテを添えて。

 日 時 : 2016年 11月 27日(日) 9:00〜  (残1席)

               28日(月) 9:00〜  (残3席)

       可能な方は前日生地捏ねのため一度 19:00に来室ください

       所用時間5時間

 レッスン料: ¥ 6,000  +  食材実費

 

 

 

 

 

*プレパラティーヴォ 〜ナターレのアンジェリカ

 内 容 : オレンジピールやレーズン、バターたっぷりのパネットーネによく似た生地のお菓子です

       リース型に仕上げる形や、表面の雪のようなアイシングがナターレらしく

       パネットーネほど気負いなく、初めての方でも楽しんで作ることができます

       こちらも、お持帰り時にはアスティ・スプマンテを添えて。

 日 時 : 2016年 12月 23日(金・祭)9:00〜  (残1席)

                              14:00〜  (残1席)

       所用時間3.5時間

 レッスン料: ¥ 6,000  +  食材実費

 

 

 

 

 

 

*プレパラティーヴォ 〜プロシュット・コットとフィノッキオーナ風ソーセージ

 内 容 : 予め塩漬けにした豚肉を低温で火入れし、しっとり肉々しい本格ハムを作ります

       肩ロースを使ったシンプルなロースハムタイプと、

       フェンネルが香るトスカーナのフィノッキオーナ風味の加熱ソーセージタイプの2種。

       年末〜お正月のオードブル用においしくお使いいただけます

       @500g程度 を各1本       

 日 時 : 2016年 12月 25日(日)13:00〜  (満席)

                    28日(水)13:00〜  (残1席)

       所用時間3.5時間

 レッスン料: ¥ 6,000  +  食材実費

 

 

 

お願い:プレパラティーヴォはどれも1週間ほど前からドライフルーツや肉の漬け込みが必要です

    キャンセルは1週間前までで、それ以降はキャンセル料をいただきます旨ご了承ください

 

 

 

Ringrazio ognuno...

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 19:19 | 出張・外部レッスン、イベント | comments(0) | trackbacks(0) |
トレパンケでフランスワイン

Ciao!

 

急きょ決定しました「フランスワイン会」!

まだタイトルも内容も今からですが、日程が決まった時点で既に残り3席となりました

12月17日(土)18:30

詳細は決まり次第ご案内させていただきます

 

 

当日は、ソムリエ協会ワインエキスパートの先生をお迎えし、

気軽に楽しめるフランスワインについて専門家ならではのお話を伺いながら

簡単で美味しいワインのおつまみとともにご紹介していただきます

 

ご興味のある方はご連絡をお待ちしています

 

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 10:55 | 出張・外部レッスン、イベント | comments(0) | trackbacks(0) |
ハーブ講座 バジル イタリアンパセリ オレガノ


Ciao!

3/26(土)に行いました「 ERBE 料理のためのハーブ講座 〜初級〜 」のご報告です♪

当日は春らしいお天気に恵まれ、お庭仕事をくすぐる気持ちの良い一日になりました
野菜の専門家であり、イタリア料理検定1級資格を持つトレパンケの生徒さんでもある、通称「お野菜王子」のN先生により
教室の前にはプランターいっぱいのハーブを並べて、皆様をお迎えいただきました

まず前半は、育て方についてのセミナーです

最初に、イタリアハーブの生育環境の特徴についてお話があり、実践を交えてのご説明がありました
ここでは、ハーブの一般的な育て方について講師の先生のお話を簡単にまとめてみました。

     - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

良い土を選ぶ
  全ての植物の栽培において成功への第一条件であり、特にハーブ類は乾燥した土壌を好む性質がある。
  ハーブ専用の培養土は、水はけがよく、肥料や土の化学性(pHなど)が調節されており、
  品質の目安として少し高価なものを購入するのがおすすめ。
  

よい苗を選ぶ
  お店に入荷してあまり日にちの経っていない、若々しくて小さい苗を選ぶ。
  大きく育ったものは「老化苗」といい、植え替えても育ちが悪い。
  このようなものはポットをひっくり返してみてみると、根が茶色くなっているのでわかる。
  比較すると、育ちのよい苗の根は白く、若い苗の方が植え替え後の生育が早く、収穫量も多い。
  

鉢の設置場所
  ポイントは半日陰。
  ハーブの失敗の原因の一つは、梅雨時期の過湿と夏の高温にある。
  ハーブ類は強い日射は必要なく、朝の数時間だけとか、よしずやカーテン越しの陽ざしの方が色や香りもよくなる。
  寒い時期は、室内の南側の窓辺がよい。
  地植えより、一日の照射場所や四季に応じて場所を移動できるプランターの方が、水はけもよく失敗が少ない。
 
水やりのタイミング
  プランター栽培における最重要ポイントで、失敗原因第一位でもある。
  水はハーブが欲してしるときだけあげるのがオキテ
  毎朝土の表面を見て、手で触り、土の表面が乾いていたらたっぷり水をあげ、湿っている時はあげないこと。

          - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 

わたくしも一緒に聞いていておもしろいと思ったのは、
水やりのタイミングについて、乾いているか濡れているかの判断基準がどうこうではなく、
水やり前に一度乾いているか濡れているかという植物の状態を観察して気遣うこと、とおっしゃったことでした
苗や土の素材選びも、心を配ることも、料理に限らず、きっとどんなことも一緒なんだろうと感じました
植物の心を感じながら愛情を持って育てれば、きっと応えてくれることでしょう


また、ハーブの栽培において、興味深い「農薬」のご紹介もありました
わたくしたちが直接口にするハーブには農薬なんて使えないし、使いたくないのですが、
これはカテゴリーとして農薬になるんだけれど、直接口にしても害がない水飴の還元水なのだとか。
小さい虫は体の側面に呼吸穴があり、そこがベタベタしたもので塞がれることによりすぐに死んでしまうのだそうです
わたくしの今までの失敗のほとんどは害虫被害でしたので、これは期待できそう♪



後半のセミナーでは、今回のハーブを生かした、簡単で身近なイタリア料理のご紹介をいたしました

🌿バジル  「パスタ・コル・ペスト・ジェノヴェーゼ」
  トレパンケプリモのジェノヴェーゼとくるみのソース専用の生パスタを使って、
  フードプロセッサーなどより本格的にできるすりばちを使ったソースをご紹介いたしました
  これは「ソース入門専科」のカリキュラムの一つでもあります

🌿イタリアンパセリ  「ストラッチャテッラ・イン・ブロード」
  イタリア風かき卵汁とよばれるもので、ブロードを固形コンソメに変えればとても簡単に一品になります
  基礎クラスでは2012年に中部地方のお料理とともにご紹介しています

🌿オレガノ 「フォカッチーナ・コン・ポモドリーニ・エ・オリーガノ」
  フードプロセッサーで作る、気軽なテーブルサイズのフォカッチーナ
  トマトと相性のよいオレガノは、ピッツァ・アッラ・ナポレターナでもお馴染み
  赤と緑の鮮やかな色と、控えめで優しい香りはフレッシュならではの魅力です
  こちらも基礎クラスで2010年にオレガノではなくバジルとセミドライトマトを使ってご紹介しています


今頃みなさまのお庭で、初夏の陽ざしの下すくすくと育っていることでしょう
みなさまの食卓が、さらにイタリアンハーブとともにあることを願っています

また次のハーブを厳選して、講座第二弾を予定していますので、
引き続きブログをチェックしていただければ幸いです



、、、さて、
今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか













 
posted by trepanche | 19:26 | 出張・外部レッスン、イベント | comments(0) | trackbacks(0) |
育てて食べる🌿ハーブレッスン


Ciao!

バジルやイタリアンパセリなど、
イタリア料理では、香りの要素であるフレッシュハーブやスパイスは必要不可欠なもの。
リストランテの裏手には必ず日当たりの良い菜園があり、さっとちぎっては塩やこしょうと並べてストックしていました

ハーブは、間接的な臭み消しだったり、温度による香り変化を狙ったものだったり、
ダイレクトな香り付けや、視覚的な効果だったり、、、。
ほんの少量なのに、なければ完成しない、小さくて大きい大切な素材です
この3つのハーブ、よく瓶入りのドライをよく見かけますが、
正直、乾燥させればどれも香りは特性がなく、使用する意味はありません
フレッシュだからこそおいしくて、五感を覚醒させる力があるものです
そんなフレッシュハーブをもっと身近に取りいれていただくため、専門家をお呼びしてハーブの育て方を教えていただきます

イタリア料理に通じた野菜の専門家、、、
ということで、春の桜前線とともに満を持して"あの方"の登場です✨✨
野菜に熟知されているだけではなく、イタリア料理の専門知識も併せ持つ方だからこそ
どのように使うために、どのように育てるべきなのかをお聞きすることができます
ご質問もご遠慮なくどうぞ♪
もちろんトレパンケ会員以外の方もご遠慮なくご参加いただけます


**トレパンケスペチアーレ「ERBE  料理のためのハーブ講座〜初級〜」**

 内 容 : 初回は、春〜夏料理に多用され、育てやすい「バジル」「イタリアンパセリ」「オレガノ」の3種
       ・ハーブの性質や特徴、育て方、使用方法ついての講座
       ・それぞれのハーブを使った ビギナー向けイタリアンミニレッスン
        すりばちでジェノベーゼ
        イタリアンパセリのフリッタータ
        ミニトマトとオレガノのフォカッチャ(試食メニューは変更の可能性があります)
       ・大きく増やす3種の苗木セットお持帰り 
 日 程 : 2016年 3月 26日(土)
       。隠亜В械亜繊6席 満席
       ■隠粥В娃亜繊6席 満席 
 場 所 : イタリア料理教室トレパンケ 子飼教室
 講 師 : ハーブの育て方講座  / イタリア料理検定1級資格講師
       ハーブ料理の試食会  / トレパンケ東
 参加費 : ¥ 3,500

 早い時期からの苗木の準備が必要です。お早めのお申し込みをお願いします。
 また、当日は荷物搬入などのため駐車場の使用はできません。
 外部の駐車場をお使いいただく旨、あらかじめご了承ください。

お申込み、お問合せはこちら


ブログ TOP は こちら







、、、さて、
今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか








 
posted by trepanche | 14:35 | 出張・外部レッスン、イベント | comments(0) | trackbacks(0) |