Search this site
イタリア料理教室「トレパンケ」と真の生パスタ「トレパンケ・プリモ」の日常、レッスンの裏話などをご紹介するブログです

レッスンのお申し込みはこちらまでどうぞ  お電話 096-346-7071 メール contact@tre-panche.com
ホームページのCLASSからもお申し込みできます
5月のソース入門専科

Ciao!

 

ソース入門専科

 

今月は常温や冷製の夏のパスタ2種

銚子の真いわしが最近よく出ていましたので、久々にいわしのマリネのスパゲッティと

夏の定番のツナとオリーブのカザレッチェというスタメン揃い笑

 

バジルとイタリアンパセリのわが家自慢のプリンチペッサ達が脇を固めてくれました

 

去年開催した「ERBE 料理のためのハーブ講座〜初級〜」で教えていただいた知識で

葉を摘む場所を意識するようになってからは、葉もたくさん付くようになりました

 

 

 

 

 

 

Ringrazio onguno...

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 14:32 | ソース入門専科 | comments(0) | trackbacks(0) |
春キャベツのタリアテッレ

Ciao!

 

新じゃが

新玉ねぎ

春キャベツ

アスパラ

グリンピース

そら豆

あさり

しらす、、、

 

春はおいしいものが多すぎて、そしてその最高の旬も短く、

この時期のソース入門専科は、月に1回では足りないと思うほどです

リチェッタの説明には

「例えば他に相性のいい野菜では、、、」というふうに羅列表示していますが、

極めようとすれば、ソフリットにかける時間や、合わせるタイミング、微妙な風味の添加など

一つ一つそれぞれ微妙に違ってきます

 

今期のソース入門専科では、第二の食材に着眼点を置いてご紹介いたします

タリアテッレに合わせる定番のネギのクリームソースを、今年は春キャベツへ♪

プロシュットベースに、キャベツにはキャベツのアトリビュートを活かし、

新しいけれど基本に則ったタリアテッレを準備いたしました

 

市場の店先を眺めるだけで想像力も心も膨らむこの頃です

 

 

 

 

Ringrazio ognuno...

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 13:02 | ソース入門専科 | comments(0) | trackbacks(0) |
されどトマトソース

 

Ciao!

 

ソース入門専科、毎回2つのソースをご紹介します

それは同じ食材で北部と南部の対比だったり、同じパスタを基本と応用で比べたり。。。

 

毎期、初回はシンプルな基本のトマトソースで始まります

今回は4つのホールトマトのうち、,鉢い量を比較しました。

  一番右のサンマルツァーノのホールトマトはごくごく一般的でいつも安定した美味しい味。

   どこでも入手しやすいのがありがたい定番。

  右から2番目のミニトマトのホールトマトは酸味も甘みも強く、はつらつさを強調したい時に。

  右から3番目のダッテリーニトマトのホールトマトは、酸味が優しくて甘みが強いまろやかな味。

   私は煮物に使います。皮付き。ダッテリーニの特徴はより上。

  一番左も同じくダッテリーニトマトですが、こちらは皮むき。

い廊,鉾罎戮董甘みがあり、余韻の長い味わい。

また同じ,任癸各寝かせて、角が取れて円やかになったソースとも比較します。

 

パスタのソースや、煮込み料理、ミネストーネなど、

用途に合わせてホールトマトの種類や生のトマトを使い分けられれば完璧です

 

 

 

 

Ringrazio ognuno...

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 14:12 | ソース入門専科 | comments(0) | trackbacks(0) |
菜の花のソースで

Ciao!

 

いよいよ今週からソース入門専科7期がスタートします

重要な基本ソースは変わりませんが、

応用編は野菜と魚介の時期や、その年の皆さんの知識などを考慮しながら少しずつ変化しています

 

先月からあちこちの専科で登場した「菜の花」

今期は、言わずとしれたオレッキエッテのソースをトレパンケプリモの生パスタに合わせます

 

地域に伝わる伝説をご紹介しながら

菜の花の苦味とのベストマッチを、あらゆる五感で体に染み込ませます

 

ソース入門専科は毎年2月〜11月の全10回コースで、イタリア料理の入門編です

席に余裕がありますので、途中からでもご参加可能です

 

 

 

 

 

 

Ringrazio ognuno...

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 23:07 | ソース入門専科 | comments(0) | trackbacks(0) |
7月のソース

Ciao!

 

7月のソース入門専科

 

1品はジェノベーゼ

いわずと知れたみなさんの大好物なソース?

昨年のソースクラスや、今年のハーブレッスンなどでもトレパンケではすり鉢で作るのがお馴染みになってしまいました

初めて手作りの風味豊かなソースを食べられた方は、もう絶対に市販品には戻ることはないとおっしゃいます

お庭のバジルを使って作ると、美味しさはひとしおですね

 

 

 

またもう1品は、リガトーニのノルマ風をティンバッロ仕立てにしてみました

ティンバッロはシチリアのパスタだけに許された調理法で

夏のオーブン焼きとは珍しいですが、冷めて食べるところに美味しさの秘密があります

同じオーブン焼きでも、北と南の文化の違いがおもしろいですね

今の時期、店先にたくさんあふれているなすも、手間をかけることで特別ななすへ大変身。

さらに、いつもの普段着のパスタ「ノルマ風」が、思い思いの型で焼いてケーキのように切り分けると、

特別な晴れの日の料理へとグレードアップします

 

 

 

ほらほら、

パンとワインを買ってくるだけで、お友達を誘う準備は完了です

 

 

 

Ringrazio ognuno....

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 16:39 | ソース入門専科 | comments(0) | trackbacks(0) |
夜クラス増えました!
Ciao!

先日詳しくご紹介させていただきましたソース入門専科。
2月がスタート月ですが、夜のクラスを追加いたしました

初回の2月だけ、イレギュラーで昼夜クラスが別設定となりますが、以降は同日開催です
 昼クラス:2/24(水)  10:00〜12:00
 夜クラス:2/29(月)  19:00〜21:00

月に1度、平日のお仕事後にイタリア料理のお勉強と実益(夕食)を兼ねた時間はいかがでしょうか

ご案内記事はこちら
(お申し込みも上記記事からご案内しています)






、、、さて、
今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか











 
posted by trepanche | 13:05 | ソース入門専科 | comments(0) | trackbacks(0) |
ソース入門専科
Ciao!

来月からスタートする第佐ソース入門専科
生パスタをおいしく食べていただくための、イタリア料理の基本姿勢を学ぶ「教本」のようなコースです
イタリア料理は今やとてもシンパシーな料理ですが、以外と知れれていないのが「ルール」
何より最初に考えるべきは地域性。
それにより導き出される、絶対に合わせなければいけないもの、逆に合わせてはいけないもの。
そして、和食とは違う調理法と素材の使い方。
それらを理解することで、応用も自由自在です

ソース入門専科では、5種類の生パスタに合わせて、基本的な春夏秋冬20種類のソースを10回にまとめました
初回は、最も基本的なトマトソースと、身近な旬のねぎを使ったソースの2つをご紹介いたします

トマトソースに準備するのはにんにくとオイル、バジル、塩だけ。
たったそれだけの材料で深みのあるソースができるのは、イタリア料理のある基本的な調理法が関係しています
そして、使うスパゲティやトマトソースの地域性や背景を読み取ることで、何を合わせるべきかが自然と見えてくるのです
調理技術よりも、まずは歴史や理論などを理解する事から始めましょう
おうちの料理はもちろん、何気なくいただくいつものレストランのお料理も、よりおいしく楽しい時間になります

生パスタのためのソース入門専科第佐 初回は、2016年 2月 24日 (水) 10:00 スタートです
2月より11月までの全10回
レッスン料は10回分で ¥ 30,000 です 
19:00〜の夜クラスもございます。


お申込み、お問合せはこちら


ブログ TOP は こちら











*画像は検銑拘のレッスン画像です
 毎年、一部メニューは変わります




、、、さて、
今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか








 
posted by trepanche | 18:55 | ソース入門専科 | comments(0) | trackbacks(0) |
ソース入門専科最終回


Ciao!

ソース入門専科拘、本日最終回!

11月ですので、体を温めるスープやオーブン料理。
どちらも茹でたパスタをさらに鍋やオーブンで再加熱する料理には、コシの強いリガトーニを使います
(トレパンケプリモのリガトーニの詳細はこちら

器まわりのカリッとした食感もいいですが、
グラタンが冷めてからのしっかりした小麦の味と歯ごたえも捨て難い楽しみの一つです
 
また、1僂領慇擇蠅砲靴謄后璽廚良發実としての楽しみ方も
リガトーニの汎用性やポテンシャルの高さゆえ👌

ひよこ豆と野菜たっぷりのスープは、今日一日を丸ごと包んでくれるおばあちゃんみたいなスープです

明日もきっといい日♪



、、、さて、
今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか









 
posted by trepanche | 19:01 | ソース入門専科 | comments(0) | trackbacks(0) |
6月のパスタ

Ciao!

6月のパスタ 2タイプ
 ◆ツナとオリーブのカザレッチェ
 ◆リガトーニのペスト・ジェノベーゼ

どちらも、6月の「ソース入門専科」でご紹介したものです
特にカザレッチェは、ティアラボのワンショットレッスン「ボンジョルノ」でもご紹介させていただきました

どちらもランチにチャチャっと作っていただける簡単なものですが、
今回ソース入門専科では、すりばちを使ってジェノベーゼを作るという試みを!
本来は「モルタイオ」と呼ばれる大理石製の乳鉢を使いますが、日常にはスティックミキサーやフードプロセッサーを使うのが一般的です
では、なぜ今さらすりばちなんて???

まず、モルタイオはなくとも、すりばちならきっとどこのご家庭でもお持ちでしょう
ミキサーを使わない最大の利点は、金属のカッターを介さないので、バジルが酸化せずきれいにできるという点にあります
さらに、いい意味でクリーミーではなく絶妙なツブツブ感が残り、食感の旨みと濃厚な味わいを楽しむことができます
ほかに中に混ぜ込むオイルの量が少なくて済み、瓶に入れた時ふたの役割をする最後のオイルがたっぷり入れられるので、保存性が増すというおまけつき♪

道具がちょっと違うだけで、これはご当地ジェノバのリチェッタと同じですね
加える順序がミキサーの場合とは全く異なります
にんにく→グロッソ塩→バジル→松の実→ペコリーノ&パルミジャーノ→オイル、です
同じ地方のフォカッチャを添えて、ぜひお試しください♪

生パスタをお買い求めの方には、この時期おすすめのリチェッタカードもお付けしています


今夜は、少しだけ残ったペーストを大事にいただくため
鱈のロゾラーレのじゃがいも添えに、ペーストをたらたらと(笑)散らしていただきました
ん〜、buono!!!




、、、さて
今日も食卓がおしゃべりになりお料理はじめましょうか














 
posted by trepanche | 15:23 | ソース入門専科 | comments(0) | trackbacks(0) |
パスタソース入門専科
Ciao!

パスタソース入門専科、今年もスタートいたしました!
初回は、基本のトマトソースのスパゲティと、旬のネギを使ったクリームソースのタリアテッレでした
どちらも、「おいしくな〜れ!」という魔法の調理法が使われ、
願いの通り、少ない材料で奥行きのあるおいしいソースへと変化していきます
どれもそうだと思いますが、料理には本にはどこにも書いていないポイントがたくさん存在いたします
一つ一つのメニューが、ご家庭でのごくありふれた一品になればうれしいです

下の画像は、2名の講師による前々日の練習風景ですが、
当日は本物の生徒さまを前に、わたくし以上にパスタやソースのお話を熱心にお話いただきました♪

ありがとうございました!









、、、さて
今日もおしゃべりになるお料理はじめましょうか






 
posted by trepanche | 08:06 | ソース入門専科 | comments(0) | trackbacks(0) |