Search this site
イタリア料理教室「トレパンケ」と真の生パスタ「トレパンケ・プリモ」の日常、レッスンの裏話などをご紹介するブログです

レッスンのお申し込みはこちらまでどうぞ  お電話 096-346-7071 メール contact@tre-panche.com
ホームページのCLASSからもお申し込みできます
5月のセグメント

 

Caio!

 

5月の基礎クラスと研究科の合同クラス。

皆さんの連休中のお土産で、5月はどのクラスも賑やかなテーブルになりました。

 パネ・トスカーノ(パネ・ショッコ)ティーポ2、

 ラデッキオのオイル漬け、

 ビスコッティ・ブラネッリ、

 バイコーリ、

 ペコリーノ・トスカーノの3種の熟成比較、、、、

 

ふくよかなヴェルナッチァ・ディ・サンジミニャーノDOCGとキャンティ・クラシコDOCGも

それぞれお料理とすばらしいアッビナメントでした。

 

 

 

クロスティーニ用に準備した気泡の大きくないパンは、オイルを使うイタリアでは不可欠。

残り物の豆やトマトと合わせると、簡単なパンツァネッラにもなります。

こちらもだんだんと暑くなるこれからの時期にぜひどうぞ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ringrazio ognuno...

 

 

 

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 17:47 | 基礎クラス | comments(0) | trackbacks(0) |
白いんげん豆

 

Ciao!

 

5月はトスカーナ料理。

煮込みに加えたり、クロスティーニにしてのせたりと

カンネッリーニやボルロッティはあちこちに登場します。

 

下煮さえ、、、そう、下煮さえしていれば、高栄養価、高機能で、汎用性にも富むおいしい食材です。

だからたくさん準備しておこうと思っていたのに。。。

 

ところが、いつものお店で白いんげん豆の在庫が底をつき、

次の入荷まで、1回1回のレッスンをなんとかしのぎながら料理している状況です。

 

ちょうどお店で一緒になった卸屋さんによると、ここでしか手にいれることができないのだとか。

いつも当たり前にあると思っていたのに、貴重だったと初めて知りました。

 

もしどこかで見かけたら、ぜひ買い置きされることをお勧めします♪

 

 

 

 

 

 

 

Ringrazio ognuno...

 

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 21:20 | 基礎クラス | comments(0) | trackbacks(0) |
ステッラートの皿より

 

Ciao!

 

今月はリグーリア。

美味しいけど華に欠ける伝統料理をベースに、星付きリストランテを思い出して組み立ててみました。

 

ワイドリムのお皿はいろいろお絵かきしたくなります。

 

 

 

 

 

 

Ringrazio ognuno...

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

posted by trepanche | 10:15 | 基礎クラス | comments(0) | trackbacks(0) |
サン・ジュゼッペの日

 

Ciao!

 

3月は一足早く父の日の料理をしています。

 

イタリアでは3月19日はサン・ジュゼッペ(聖ヨゼフ)の日。

聖ヨゼフはキリストのお父さんなので、その日は父の日です。

たいていはパスクワ前のクワレージマの期間に位置することから、

料理は揚げ物やお腹を満たす豆の料理などが中心となるようです。

 

中でもそのままの名前が付けられた「サン・ジュゼッペのツェッポレ」は、

お馴染みのシュークリームそのものですが、

最後にアマレーナ を添えた瞬間にイタリアらしいお菓子になります。

 

どこか懐かしいアマレーナの風味。

その記憶が何なのか、、、

それぞれにつながる記憶があるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ringrazio ognuno...

 

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 15:04 | 基礎クラス | comments(0) | trackbacks(0) |
市販のパネ・カラサウ

 

 

 

Ciao!

 

基礎クラスでも一喜一憂しながら焼いたパネ・カラサウでしたが、

簡単便利な市販のパネ・カラサウをダンボール箱でいただきました。

 

せっかくなので、少しですがみなさんにお分けしながら

今月の料理とは別に、サルデーニャの伝統料理パネ・フラッタウをご紹介しています。

 

簡単なのでぜひおうちでお試しください♪

 

 

 

 

 

 

 

 

Ringrazio ognuno...

 

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 23:09 | 基礎クラス | comments(0) | trackbacks(0) |
カルネヴァーレ

 

 

 

 

 

 

 

Ciao!

 

3月3日はカルネヴァーレ!

 

また今年もこの時期がやってきました。

クリスマスから続くこのキリスト教の一大行事の流れは

体に染み付いてない私には何年経ってもソラでは覚えられませんが、

その行事を迎える気持ちは「桜」や「新学期」に共通するところがあり、

料理を通しても感じることができます。

 

今年はカーニバルでもパスクワでもなく、新たな切り口で春をご紹介いたします。

料理の共通点を探して、この時期に食べる理由を見つけましょう。

 

 

 

 

 

Ringrazio ognuno...

 

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 23:35 | 基礎クラス | comments(0) | trackbacks(0) |
レンズ豆の煮こみ

 

 

Ciao!

 

今月のヤリイカのグリルです。

研究科ではレンズ豆煮を添えてみました。

 

お正月の料理にも登場したばかりですが、

肉に限らず、豆は汎用性の高い万能な付け合わせです。

 

特にレンズ豆は水に浸す時間も短時間ですみますし、

トレパンケレコメンの作り置きソフリットがあればハードルはぐっと下がります♪

 

 

 

 

 

Ringrazio ognuno...

 

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 17:36 | 基礎クラス | comments(0) | trackbacks(0) |
イカスミとボッタルガ

Ciao!

 

毎年2〜3月は、今だけの春の食材や、出始めの若い風味が多く、

あれもこれも食べたいものが多くて困ります。

リチェッタのファイルがパンパンにたまっている方でも、

毎年の2月や3月のメニューを開くと、

これ今食べないと!というヒントが見つかると思います。

 

グリンピースはイカの墨煮にしたり、肉と煮たり、リゾットにしたり、

新じゃがはピッツァにもしましたし、この時期のマツイカとトマト煮にしたり、

新玉ねぎは詰め物にしたり、グリルにしたり、

コウイカ、ヤリイカ、マツイカ、、、などなど、

今だけだと思うと、年に1度の桜のように意外と希少な料理に思えます。

 

今年の2月推しはイカ。

 

塩味の強いしっとりとしたシチリアの庶民のボッタルガをヒントに

イカスミを練りこんだパスタと合わせます。

イワシ&アンチョビや、イワシ&ペコリーノなど、

強い風味どうしを合わせて単独の強さを柔らかくするのと同様の手法です。

 

 

今月はイカスミのパスタで爪がまっ黒になった後、

お菓子の生地で緑になるという、カラフル仕立てになっています💧

墨が飛び散ることはないと思いますが、お出かけの予定の方はお気をつけください。

 

 

 

 

 

 

Ringrazio ognuno...

 

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

posted by trepanche | 04:51 | 基礎クラス | comments(0) | trackbacks(0) |
出端のグリンピース

 

Ciao!

 

ハムに続き、1月も常に豚肉を漬け込む数週間がようやく終わりほっとしています。

 

今年はパンチェッタの効用を見直す年にしていますので、

さっそく1月はグリンピースのコントルノに使いました。

 

1月も後半に入るとグリンピースがどこにでも見かけるようになりましたが

いろいろ試していると、

出端の時期は柔らかかったりホクホクだったりと身の性質は安定していません。

グリンピースは使う日に買うのではなく、

鞘の水分を飛ばすようにしばらく置いてから使うのが理想的。

わかっているはずなのに今日も当日買い、やってしまいました💧

 

また、失敗しないためにはリチェッタ表記の時間にこだわらず、

途中で食べてみてホクホクの状態の時に仕上げていただくのがよいようです。

 

味見は大事☝

 

 

 

 

 

 

Ringrazio ognuno...

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 18:13 | 基礎クラス | comments(0) | trackbacks(0) |
2019年

明けましておめでとうございます。

 

 

ようやく今日仕事始めとなりました。

 

2ヶ月ほど前から家での毎日の夕ごはんを記録し始め、

それをヒントに今年家庭料理としてのイタリア料理が広がるきっかけを探しているところです。

どちらも季節の食材にさほど大きな違いはなくむしろ似ていますし。

 

毎日の料理がもっと簡単になるようにと、

去年は野菜のソフリットを予め準備することと、

ブロードではなく固形スープを薄めて用いることを始めてみました。

これらも大事なベースで、肉や魚の主菜には有用ですが、

野菜ベースの副菜や付け合わせにはさらに具材ともなるものが必要なのです。

 

生ハムやパンチェッタなどのように、ベースとも具ともなるものを用いることができれば

炒めるだけで、煮込むだけで、簡単に毎日のおかずができる。

和食だって、野菜を出汁で炒め煮にするだけより揚げや豆腐が入った方が

味と量のボリュームも成立するように。

 

どちらかといえば最後の選択からこぼれてきた、付け合わせなどのひなびた野菜の副菜。。。

今までは光の陰で目立たず見逃してきた、でも本当は一番大切な料理。

ひじきや切り干し大根の煮物のような、日々の食卓に寄り添った家庭料理をご紹介したい。

そんな想いで一年の初日を迎えました。

 

 

まずは手元にパンチェッタ!

 

で、今日は3本のパンチェッタを漬け込みました。

より身近な食材であって欲しいと思い、今年は必要な方には漬け込みのお手伝いをしてお渡しするとにいたします。

1杯のミネストローネや大麦のスープの美味しさは不純物のないパンチェッタあってこそですから。

 

1月はトスカーナの春を告げるあの食材からスタートします。

 

 

 

今年も一年、みなさまの食卓とともにありますようどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

Ringrazio ognuno...

 

 

、、、さて、

今年も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 16:53 | 基礎クラス | comments(0) | trackbacks(0) |