Search this site
イタリア料理教室「トレパンケ」と真の生パスタ「トレパンケ・プリモ」の日常、レッスンの裏話などをご紹介するブログです

レッスンのお申し込みはこちらまでどうぞ  お電話 096-346-7071 メール contact@tre-panche.com
ホームページのCLASSからもお申し込みできます
お母さんの料理

Ciao!

 

恥ずかしながらパソコンの中に

「Piatti tradizionali della casa Higashi / 東家の伝統料理」という大袈裟なタイトルのフォルダがあります。

「カーザ  〇〇〇」なんてサヴォイアやゴンザーガを想像してしまいがちですが、

なんのことはない、わが家の鍋や食材にあったタイミングを記録した家庭料理の覚え書きです。

 

つい最近古い本棚を整理していて、同類の母の大学ノートを発見し、

当時習っていたクリームコロッケやルウから作るカレーなどの記録を見たばかりでした。

私もいつの日かプリントアウトするかもしれない日のために

〜それは、ただ老いてパソコンで見れなくなった時かもしれませんが〜

ハガキサイズの写真入りカードのページ設定にして、日々アップデートしています。

でもそれらは、仰々しいフォルダ名とは裏腹に

出汁巻き卵やポトフ、昆布巻き、さつまいものレモン煮など

ほとんどがハレの日ではなくケの日の料理たちです。

 

例えばホットケーキ。

現代、見た目も味も最高に美味しいものがある中で、

家庭料理としてなら小麦粉と卵、牛乳、砂糖、ベーキングパウダーだけの身近なものだけで作りたい。

そして私なりに、

セルクルを使って重くて厚いフライパンで焼くと生地が縦にだけ伸びて粘性がなくふわっと仕上がるとか、

バターもいいけどリーガロイヤルHのメープルスプレッドで焼くと家族の特別感が高まるとか、

1個ずつラップで冷蔵保存したものをおやつに食べる時は、レンジ200Wで1分温っためてねとか、

時間をかけて少しずつ確立していった工夫を記しています。

 

中にはお正月やクリスマスなど年に1度しか作れない料理や、

お赤飯のように月に1度は決まって作るようにしているもの、

ホーローで作ってそのまま冷やすコーヒーゼリーなんてこの夏何度作ったことか。。。

子供の頃、夏中好きな果物を入れて作ってもらったフルーツ寒天がいつもあったように。

 

それらは奇をてらわない佇まいの、シンプルで飽きないお母さんの家庭料理。

そんな料理手帳入りを目指して、今月は基本の料理を作ります。

 

 

 

 

 

 

 

Ringrazio ognuno...

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 15:31 | 基礎クラス | comments(0) | trackbacks(0) |
サポーリ・ディ・シチリア

 

 

 

        

        暑

        さ

        の

    申   お

    し   見

    上   舞

    げ   い

    ま   

    す

              °   

 

 

 

 

 

Ciao!

 

毎日安定の猛暑ですが、昨日が立秋だったと教えていただいて

これからの残りの8月に一縷の望みを託しているところです🍃

 

先日シチリアの料理研修へ参加された方から、シチリアならではの食材を分けていただきました。

  最後にほんのりアマーロの香りが残るアーモンド・ドルチェ

  舌が痺れるほど強烈な、アマレッティに使うアーモンド・アマーロ

  小粒でも脂分がいっぱいで鮮やかなグリーンのブロンテ産ピスタチオ

  カポナータの時にいつも話題にしていたモディカのチョコレート

  エオリア諸島の塩漬けケイパー&希少な塩漬けのククンチ

  オレンジのサラダに使う干した塩水漬けのオリーブ

  カラブリアでも有名なあのリクリツィア

  マグロのボッタルガ&ボッタルガの生節?

  街路樹の生ポアプルロゼ

  

8月はこれらシチリアのサポーリたちからインスパイアされた料理をご紹介しています。

できるだけ多くの皆さまに試食していただきたいと思っていますが、

食材によっては後半は日本製で代用する場合もありますので予めご了承ください。

 

 

 

 

 

Ringrazio ognuno...

 

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 09:11 | 基礎クラス | comments(0) | trackbacks(0) |
ベルギーエシャロット

 

 

Ciao!

 

小型の紫玉ねぎのようで、鱗茎が2つに分かれているのが特徴的なベルギーエシャロット 

今月は野菜のタルトのベースとして登場しています。

みじん切りにするとほんの少しの量ですが、その効力は絶大で、

それがタイトルにつく料理はなくても、あらゆる料理の黒幕です。

 

デパ地下で「シャロット」表示で売っています。

まずは、固形スープを使わずに野菜のポタージュでお試しを。

 

おヒゲが素敵な三つ星シェフ、カルロ・クラッコも

「クールにしたいならエシャロット を使え」とおっしゃっています🤗

 

 

 

 

Ringrazio ognuno...

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 06:49 | 基礎クラス | comments(0) | trackbacks(0) |
抜き打ち小テスト⁉

Ciao!

 

今月は2〜3歳用 のイタリア語クロスワードパズルを準備しています。

 

ほぼメニュー名に登場したことのある料理や食材の名前で完成しますので

楽しんでトライしてみてください♪

 

特に「原語で作るイタリア伝統料理」でイタリア語にお馴染みの方はぜひ満点通過を〜🙌

 

 

 

 

 

 

 

 

Ringrazio ognuno...

 

 

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 21:20 | 基礎クラス | comments(0) | trackbacks(0) |
チャバッタ

 

Ciao!

 

粉の規格変更に伴い、微妙に水分量が変わる例として

今月はパニーニや食事パンとして欠かせないチャバッタを作ります。

 

基礎クラスでは時間的にいっぱいいっぱいで、スタートと同時に捏ねを始めなければ間に合いません。

お忙しいところ恐縮ですが、どうぞお早めにご来室いただければと思います♪

 

 

 

 

 

Ringrazio ognuno... 

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 19:20 | 基礎クラス | comments(0) | trackbacks(0) |
規格外塩トマト

 

Ciao!

 

トマトが真っ盛り🍅

普通の桃太郎系からミニトマト、チェリートマト、ミディトマトなど様々な種類が並んでいます。

毎年その話になりますが、トマトの旬は夏ではなく今です!

梅雨に打たれるとトマトの苗は病気にかかりやすく、6月の下旬で一旦時期終了だそうです。

 

今日は「塩トマト」の生産地呼称から外れた規格外の塩トマトが並んでいました。

DOPクラスの 3月頃のブランド塩トマトは、市場の専門家によると

どこの地区の畑の、厳密にいえば「◯◯さん」印の箱でないと本当の塩トマトではないそう。

今日の規格外はカルトッチョ用に買ってみましたが、そのまま食べても本当に美味しいんです。

 

用途によっては積極的に試してみたいと思っています。

 

 

 

 

 

Ringrazio ognuno...

 

 

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 13:45 | 基礎クラス | comments(0) | trackbacks(0) |
ボーメ35°

Ciao!

 

暑くなると、手近な果物を使ったグラニータやソルベが活躍します。

 

そろそろです♪

冷蔵庫にボーメ35°シロップの準備をしましょう!

 

先月のイタリア菓子専科の残りを100均のソース入れに入れておいたら

今さらですが、グラニータ以外の便利な使い方に気づきました。

 ガムシロップみたいにカフェ・エ・ラテが冷製になってきたから1プッシュ、

 バナナや黒ごまきな粉ジュースの甘みが足りない時に半プッシュ

 甘みを加えないフレンチトーストの仕上げに1プッシュ、、、

 

 

「水の1.35倍のショ糖」

 

 

 

去年のものでも大丈夫。

きび砂糖などでも風味があっておいしいです。

 

そして、他の便利な発見をぜひ教えてください。


 

ソフリット作り置き推奨普及活動も進行中です♪

 

 

 

Ringrazio ognuno...

 

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 15:01 | 基礎クラス | comments(0) | trackbacks(0) |
春の手打ちパスタ

Ciao!

 

春はお仕事でも行事でも忙しい時期ですが、

いえいえ食卓も大忙し!

一年に今だけしか出会えない食材がいっぱいだからです。

時間はないのに、見るとつい欲しくなって冷蔵庫はいつもパンパン。

 

例えば和食の家庭料理でも

あさりと菜の花、

メバルと竹の子、

ふきと真子、

ふきとグリンピースと竹の子、ecc、、、

 

けれど他では代えのきかない取り合わせだからこそ、尊いと感じるのは

決まった形のパスタとソースの関係と似ています。

 

イタリア料理でも

今は、小羽いわしやアサリやコウイカなどが並んでいて、

もう一日3食ではとうてい間に合わなさそうです。

 

そんな旬のアサリを使って、4月は久しぶりに手打ちのショートパスタの登場です。

あれは1年前、、、

大変だったイタリアンパセリを練りこんだマンディッリ😭

それに比べるともっと簡単でマシンも使いません。

けれど、手で成形するには多少の練習時間とコツが必要ですので、

初めての方でも楽しんで作れる成形方法を、ただ今研究中。。。

 

春の陽気に誘われて、お料理も気分を上げていきましょう🌸♪

 

 

 

 

Ringrazio ognuno...

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 19:55 | 基礎クラス | comments(0) | trackbacks(0) |
3月セグメント

Ciao!

 

3月は今だけが旬の、「春」や「パスクワ」にまつわる食材を集めた3品を。

 

今はずいぶんオーディナリーになってきたホワイトアスパラ。

皆様のホワイトアスパラ缶詰にまつわるお話をお聞きするのが楽しい1ヶ月でした。

 

メートロピッツァは、今だけの新小じゃがの皮の香りを楽しむパスクワ料理。

中心部分は乾燥させずに、カリッとクロッカンテに焼き上げ、唐辛子と塩味が質素な具材を引き立てます。

 

セコンドのヤリイカの詰め物は、イカの存在感は見た目だけという不思議な味。

ミントとレモンの酸味でサクサクとフォークが進み、一気に季節の変化を感じるお料理でした。

 

 

 

そして今月ラインナップのワインたち🍷

 

 

ラツィオには優れたコストパフォーマンスの白ワインがたくさんある中での、特徴的な3本でした。

詳細は以下の通りです。

お試しください。

 

左:ロンカイエ・スイ・リエヴィーティ VdT

  州 / ヴェネト州

  品種 / ガルガーネガ

  カンティーナ / メンティ

  インポーター / ラシーヌ

  スターリーフ認証のビオワインでオリがありましたが、

  教えていただいて、最後にはあえてイースト菌のようなコクのあるそのオリを交えた飲み方で楽しみました。

 

中:テルース・オーロ ラツィオIGP 

  州 / ラツィオ州

  品種 / シャルドネ、ピノビアンコ

  カンティーナ / ファレスコ

  インポーター / モンテ物産

 

右:アンティウム・ベッローネ ラツィオ IGP

  州 / ラツィオ州

  品種 / ベッローネ

  カンティーナ / カザーレ・デル・ジッリオ

  インポーター / トスカニー

 

 

 

 

 

 

Ringrazio ognuno...

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 17:42 | 基礎クラス | comments(0) | trackbacks(0) |
リチェッタの転換

Ciao!

 

新しく料理をリチェッタに書きおろす時、

テキストの一文に、あらためて考えさせられることがよくあります。

 

今月のリチェッタの一つ「カッソーラ」の場合もそうでした。

豚足や豚の皮、耳などを入れたスペアリブとちりめんキャベツの煮込みですが、

その中にこんな一文がありました。

 

「脂肪を除いたり、料理をライトにすることを必ずしも否定はしないが、

 しかし当然、胃にもたれない事が必ずしも美味しい料理とは限らないことを知りなさい。」

 

うむ。。。

 

確かに10年前はそうでした。

イタリアンレストランに行っても、

どこもそのままの料理を出してくれないという歯がゆさがありました。

けれど、イタリア料理が大好きな私でさえも、

正直、重い料理からは年々遠のいているのが事実。

 

イタリア料理教室協会の認定校でもあり、

間違った事をお伝えしないように、その点は十分気をつけますが、

基礎クラスでは、できるだけご家族で楽しんでいただけるスタイルでご紹介したい考えています。

 

ですので、

トレパンケのカッソーラはまさかのピアット・レッジェーロ。

軽く仕上げてご紹介しています。

 

これが、今月の「転換」です。

 

 

 

その分、

研究科や、言語で作る伝統料理クラスでは、マニアックに追求できればと思っています。

 

 

 

 

 

Ringrazio ognuno...

 

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 17:53 | 基礎クラス | comments(0) | trackbacks(0) |