Search this site
イタリア料理教室「トレパンケ」と真の生パスタ「トレパンケ・プリモ」の日常、レッスンの裏話などをご紹介するブログです

レッスンのお申し込みはこちらまでどうぞ  お電話 096-346-7071 メール contact@tre-panche.com
ホームページのCLASSからもお申し込みできます
ダッテリーニ

 

Ciao!

 

ダッテリーニ・ポモドーロのトマト缶が入荷しました。

同じダッテリーニではネイビーのカサール社のものが有名ですが、

こちらは、ダッテリーニ特有の厚い皮がない皮むきタイプなので使いやすいのです。

 

ダッテリーニ種は酸味が穏やかで甘いのが特徴で、

煮物に使うと、トマトが主張しすぎず優しい味に仕上がります。

それと正反対なのが、酸味も甘みもしっかりしているプリマヴェーラのチェリートマト缶。

こちらは、はつらつとした弾けるような風味が、長く煮ないトマトソースに向いているんですよね。

それぞれ料理に合わせてお使い分けください。

 

入荷するのはレッスンで登場する時だけですので、お待ちの方はお早めにどうぞ♪

 

 

トレパンケは、食品販売業の認可を得た衛生的で安全な食品を取り扱っております。

 

 

 

 

 

 

 

Ringrazio ognuno...

 

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 10:49 | その他 | comments(0) | trackbacks(0) |
2019カレンダー

Ciao!

 

来年のレッスンカレンダーができました。

12月ご参加の方にはカードでお渡ししていますが、予約のご参考になさってください。

 

*表記以外に変動で毎月25日前後に「言語で作るイタリア伝統料理」クラスが入ります。

 

 

 

 

 

 

Ringrazio ognuno...

 

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 23:32 | その他 | comments(0) | trackbacks(0) |
プレパラティーヴォ / パネットーネ

 

Ciao!

 

いよいよ来週末に待降節をひかえ、連日パネットーネです。

 

今年は型を取り寄せ、手頃な15僖汽ぅ此500g)を2つ焼きます。

11月のブリオッシュ生地ピスタチオ風味と比べると「華」に欠けますが、

手間ひまかかる分生地は羽毛のように軽く、お正月過ぎまで保存が可能です。

 

伝統的なシンプルな生地は、

軽く焼いて生ハムと一緒にアンティパストにしたり、

軽く焼いてザバイオーネやアイスクリームを添えたり、

全部を横にスライスしてゴルゴンゾーラやスモークサーモン、アンチョビクリームなどの大きなサンドイッチにしたり、

シンプルはバリエーションが広がります。

どれも甘口のアスティと🥂

 

少しだけ欠点をいえば、、、

おいしくいただくには一手間かける必要があること。

イタリアの名店パスティッチェーラであれ、どちらの製品であれ、

必ず一切れに切った表面を軽く焼いて、ソースを添えるのがお作法です。

Mi raccomando!

密封され、箱で高く積まれた工業製品は買わないでください。

 

 

 

プレパラティーヴォ/パネットーネでは

高さのあるパネットーネはお一人分オーブン1台が必要なので、1日に2名様まで。

レッスン前日19:00に1時間程度と、当日朝9:00〜15:00頃までの2日間お越しいただく事になります。

 


捏ねは2Dから3Dへ進化し、手のひら全体を使いますのでご安心を♪

 

 

 

 

 

 

Ringrazio ognuno...

 

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 17:53 | その他 | comments(0) | trackbacks(0) |
クローチェ

 

 

 

Ciao!

 

よく開いた縁起のよさそうなクローチェ。

 

コツは

「んーーーまっ!」

 

 

 

 

 

 

Ringrazio ognuno...

 

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 16:00 | 基礎クラス | comments(0) | trackbacks(0) |
ピスタチオペースト

 

Ciao!

 

今月のパネットーネを飾ったピスタチオ。

ベースに敷いたブロンテ産ピスタチオDOP 100%のペーストはダークな色でした。

瓶入りの鮮やかなピスタチオグリーンとの違いはいったい何でしょう?

 

それは原材料を見れば一目瞭然。

酸化防止のために40%程度オイルが加えられているためです。

ペスト・ジェノベーゼの保存と同じ方法で。

暗い色のピスタチオペーストは、無添加の証です。

 

また、その味はたいへん濃くほんのり塩味がありました。

お土産にいただいた溶岩石を思い出し、乾いたピスタチオ畑のテロワールが頭の中で重なります。

 

 

 

 

Ringrazio ognuno...

 

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 23:38 | 基礎クラス | comments(0) | trackbacks(0) |
プレパラティーヴォ / フルーツケーキ

 

Ciao!

 

待降節に入ると準備されるパネットーネやフルーツケーキ。

クリスマスまでの4週間、心待ち待つ想いが深くなるごとに、ケーキは熟成しておいしく変化します。

1圓發寮乎呂鬟好螢爛僖Ε鵐彪殖暇棔△泙燭呂修里Δ腺泳椶鬚気蕕縫蓮璽侫汽ぅ今暇椶吠けて焼き、

好みのオーナメントで飾って、お持ち帰りいただきます。

ミニサイズはプレゼントにしたり、お正月まで保存しておかれるのもおすすめです。

 

当日は甘口のスパークリングやデザートワインとともに、大人のナイトクリスマスをお楽しみください。

 

 

 

★プレパラティーヴォ / 仕込みの会 フルーツケーキ編

 

日 時 : 2018年11月24日(土)  12:00〜

              25日(日)  12:00〜

レッスン料:¥ 6,000  + 材料費実費

 

お申し込み、お問合せは下記までお願いします。

✉  contact@tre-panche.com

☎  096-346-7071

 

 

 

 

Ringrazio ognuno...

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 15:00 | その他 | comments(0) | trackbacks(0) |
2018年のクリスマス料理

 

 

Ciao!

 

毎年11月はクリスマス向けのお料理です。

 

大変ではないけれど、どれも待ち時間のかかるものばかりで

レッスンでは時間をパズルのように合わせてようやく出来上がります。

 

そういうわけでスタートと同時に始めますので

できるだけ遅れないようにお気をつけてお越しください。

 

 

 

 

 

 

Ringrazio ognuno...

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 11:02 | 基礎クラス | comments(0) | trackbacks(0) |
サルデッレ・イン・サオール

 

Ciao!

 

先日ご紹介したピノッリ・エ・パッソリーネを使って

今月の言語で作るイタリア伝統料理はサルデッレ・イン・サオール。

平たくいえばイワシの甘酢漬けです。

 

イワシは年中流通しているようで、微妙な大きさで用途が違ってくるのが難しいのだけれど、

ちょうど今の時期、鹿児島産の型が小さくておいしいイワシが出ています。

自然でバランスよい甘さがイワシさえも上品にしてしまうのが、ヴェネトマジック☝

伝統的にポレンタのグリルを添えていただきました。

 

三杯酢や土佐酢と違うのは、マリネ液の酸味と水分をしっかり飛ばすところ。

大量の玉ねぎのソフリットだけでも自然の甘さがあり、

お酢が苦手な方もおいしくいただけると思います。

 

 

 

 

 

 

Ringrazio ognuno...

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 08:50 | 原語で作るイタリア伝統料理 | comments(0) | trackbacks(0) |
ホシユタカというお米

 

Ciao!

 

10月はリゾット。

ヴェネト州です。

 

リゾット用のお米は、旨味をいっぱい含んでくれる粘りの少ない大粒のスーペルフィーノ種が向いています(写真右)

私たちがよく食べている小粒のものは粘り気がある種類なので、イタリアでは主にお菓子向きです(写真左)

今月はちょっと珍しい国産の長粒米を使ってみることにしました(写真中央)

 

佐賀県産ホシユタカ。

リゾットにするにはかなり小さいですが、最後まで歯ごたえのある食感が生きていました。

パエリアやカレー用など普通に炊いて使うこともできるそうなので、

ツブシが効くというか、、、試してみるきっかけになればと思った次第です。

同じ九州産でもありますし、何とか手軽に使ってみる方法はないかと思っていたら、

伊万里農協の方から送料無料の久留米の販売会社を教えていただきました。

ご参考までに。

 

画像クリックで楽天ショップにリンクしています。

 

 

 

 

Ringrazio ognuno...

 

 

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 12:50 | 基礎クラス | comments(0) | trackbacks(0) |
エストラット

 

Ciao!

 

いつのまにか10月になってしまいました。

もう来月はパネットーネの仕込み時期かと思うと、毎年ですが一年の早さを痛感します。

「ボーっと生きてんじゃねぇよ!」笑

 

 

ところで、野菜の少なかった8〜9月を脱し、ようやく店先に野菜の種類が戻ってきました。

トマトもその一つ。

地域差もありますが、完熟トマトが現れるのは6月と10月の年2回だけ。

(厳密には味わいは少し異なり、料理には10月の方は少し種の果汁を加える必要があります。)

今月はトマトの調味料「エストラット」とその料理です。

トマト加工品は、加熱殺菌されたホールトマトやパッサータ(裏ごし)などが最も多く使われます。

それらを濃縮させたペースト状の「コンチェントラート(濃縮)」も煮詰める手間が省けるので便利。

種類は「ドッピオ(2倍濃縮)」と「トリープロ(3倍濃縮)」などがあります。

先月のラグーも、トスカーナ風ではコンチェントラートを使ってトマトの酸味は出さないのが一般的です。

 

エストラットはその上をいくトマトの「エキス」。

通常の大きさのトマト3個(約500g)で小さな試食用ジャム瓶程度にしかなりません。

原材料はトマト、塩、太陽の3つ!

そう、本来は最後にシチリアの日差しに当てて手作業で仕上げるのです。

できたものは小樽に円錐形に盛られていて、その姿も風味もまるで「お味噌」と思ったものです。

 

お料理自体はコンチェントラートでも代用可能ですが、

エストラットは日本ではほとんど手に入らないので、この時期のトマトで是非お試しください。

 

 

 

 

Ringrazio ognuno...

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 14:02 | 基礎クラス | comments(0) | trackbacks(0) |