Search this site
イタリア料理教室「トレパンケ」と真の生パスタ「トレパンケ・プリモ」の日常、レッスンの裏話などをご紹介するブログです

レッスンのお申し込みはこちらまでどうぞ  お電話 096-346-7071 メール contact@tre-panche.com
ホームページのCLASSからもお申し込みできます
2021の専科コースのご案内

 

 

Ciao!

 

・ソース入門専科、

・イタリア菓子専科 初級・中級、

・イタリアパン専科 初級・中級、

これら1年間のコースレッスンもそろそろ修了の時期を迎えています。

 

今年はコロナ禍の中、

ソース入門専科は比較的所要時間も短いことから、予定通り継続することができました。

 

イタリアパン専科中級では、自粛時にリモートでのレッスンとなりました。

それは、大半が1日がかりの大型パンである中級には時間の点では有利でしたが

実際に生地を見て触って確認できなかったり、器具が違うと仕上がりに影響するという不便もありました。

終盤に近づくにつれてさらに発酵は長時間になり、

今月はレッスン前日にも捏ねが必要な2日がかり!

でもかかるのは手間だけで、決して作業自体が大変なわけではありません。

まあ、食べるのは1日でなくなってしまいそうですがw

 

今や生食パンが主流の時代に、対極のパンだと言えるイタリアパン。

ただ、甘い食パンでイタリア料理はいただくことはできませんし、

2〜3日経ってもふわふわのパンでイタリア料理を作ることもできません。

風土に根ざした食材から生まれる伝統料理があるように、

風土にあったぶどうで生まれるワインと料理のアッビナメントがあるように、

パンと料理も口の中で広がる相性は重要です。

 

 

 

2021年も1月よりイタリアパン専科がスタートします。

今年はご参加者の希望でマシーン捏ねだけでしたが、その年その年のご希望で手捏ねもOK。

さらに、粉などの材料を各自揃えていだだいた上でリモート参加も可能です。

なお、中級は初級修了の方が対象です。

 

土日に集中する各専科は毎年設定が限られますので、お早めのご連絡をお待ちしています。

お問合せはこちらまで

 

 

 

 

 

 

Ringrazio ognuno...

 

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 17:53 | イタリアパン専科 | comments(0) | - |
2020

 

 

Ciao!

 

ホヤホヤの新書が届きました。

今年のカラーはレモンイエロー!!

 

見せかけの数は同じ場合でも格付けの内容がどう入れ替わっているのか?

間違い探しが楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

Ringrazio ognuno...

 

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 17:45 | イタリア料理検定 | comments(0) | - |
フェイバリット

 

 

Ciao!

 

ご存知ですか?ミニチュアみたいなグレーダー。

歴とした実用品です。

 

少量ならチーズでも生姜でもちゃんと削れるし、

マイクロプレイン以外はうまくできないレモン表皮でさえもOK!

 

またさらにお値段がかわいい!

150円くらいだったと思います。

東急ハンズです♪

 

 

 

 

 

Ringrazio ognuno...

 

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 18:22 | その他 | comments(0) | - |
愛のお菓子

Ciao!

 

自粛後にレッスン再開して3ヶ月。

今月は久しぶりに「 Ecco é Italia! 」な手打ち生地のお菓子を。

 

 

ニッチな地域限定のもので、

貧しい農村の貴重な生産物を、お祝いの時に大盤振る舞いして作るお菓子です。

 春だよー

 結婚おめでとー

 赤ちゃん誕生おめでとー、などなど。

 

今の時代なら、コロナ終わったよー!でしょうか?

いや違うかな、誕生とかスタートとか新しいとかそんな意味合いが大事。

 

 

ぷっくりと膨らんだ詰め物は想いの表現。

だから想いが強ければ愛は溢れ出します。

 

それも愛♡

 

 

 

 

 

 

 

Ringrazio ognuno...

 

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 13:08 | 基礎クラス | comments(0) | - |
アウェイク・サージェリー

Ciao!

 

イタリアのコロナが一段落し、国内移動制限が解除された6月のある日

イタリアで感動的なニュースがありました。

 

それはまさにマルケからのニュース。

 

脳の手術で「アウェイク・サージェリー/覚醒下手術」というのがあるそうです。

天海祐希のドラマだったかニュースだったかで見た記憶があります。

その時は文字を読むとか、話すとかだったと思いますが、

イタリアのその患者さんは術中のベッドの上で

アスコラーナのオリーブの詰め物を作っている画像がありました。

 

アスコラーナのすぐお隣のアブルッツェーゼのシニョーラは

1時間中に90個ものオリーブを仕上げたそうです。

きっと手慣れた作業だったんでしょうか。

 

ニュースサイトはこちらをどうそ

 

難しそうなニュースも料理という共通点があると好奇心で頑張って読みたい気持ちになります。

 

 

 

 

 

 

 

Ringrazio ognuno...

 

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 23:37 | その他 | comments(0) | - |
ヴェルディッキオ

 

Ciao!

 

独特なアンフォラ型が伝統のワイン。

9月のテーマワインは偉大なるヴェルディッキオです。

 

アンフォラといえばもちろんミルクもワインも入れますが、

古代エジプト展でアンフォラに描かれた美しい模様に魅入っていた時

ミイラにするための「臓器入れのアンフォラ」というコメントが大変衝撃的だった思い出があります。

 

さておき、

先月のソアーヴェと大変似た品種ですが、まだまだ厳しい残暑に思考のベクトルがそちら向きですw

コスパ的にも家飲み用で、何より美味しいですし。

一般的には熱を加えた魚介料理や仔牛豚鶏などの白身肉と合わせるのがアッビナメントの基本です。

今月から基礎クラスでもニューノーマルスタイルでお楽しみください。

 

 

海のヴェルディッキオと言われるカステッリ・ディ・イエージと

山のヴェルディッキオと言われるマテリカとの比較などもよし。

また彗星の如きカンティーナが作るハズさない「le BUSCHE IGT」を楽しむもよし。

それぞれの好奇心でヴェルディッキオ探求をどうぞ♪。

 

マルケもまた地形に恵まれたガストロノーミオの宝庫です。

 

 

 

そして今月の原産地呼称を味わう勉強は、ペコリーノ・トスカーノDOC。

 

 

電車で並走しても幾重もの整列したビーチパラソルが果てしなく続くマルケの海岸。

そこでどんな料理をいただいきたいですか?

目を閉じてヴェルディッキオを飲みながらご一緒に想像してみてください。

 

 

さてこちら日本の現実はといえば、9月に入り台風ラッシュです。

今月は残念ですが、供給が不確実なので地元の生鮮食材が扱えないのが悩ましいところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ringrazio ognuno...

 

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 13:41 | 基礎クラス | comments(0) | - |
75gー75℃ー75分

Ciao!

 

何も予定のない今日は、早朝からその週のご飯を楽にするための準備。

前日にいつもの肉の大量買いをしたので、

まずはハンバーグやロールキャベツ、ラグーに転用するためのソフリット。

 

その他の豚肉や牛肉の仕分け冷凍作業。

 

そして先週使いかけていた生パスタをサラダや付け合わせ用にとりあえず茹でました。

 

そして7月の野菜不足の時から始まった野菜の浅漬け作り。

その時冷蔵庫に残っていたものを中心に、ベースは昆布と鰹節ですが最近は特に厚削り鰹節が好みです。

にんにくや赤唐辛子風味でもいいし、クミンやフェンネル風味でもご家族の多数決で。

塩味はクラウティと同様で、水を加えた重さの2.5%。

なすは別立てにする必要があるけど、鰹節となすとミョウガはとてもおいしかったな。。。

オリーブオイルをちょっと垂らしたりなんかして。

今日はキャベツときゅうりと玉ねぎ。

きゅうりや玉ねぎは、さらにここから酢の物やサラダがすぐにできるから

結果、イタリアのソットーリオやソッタチェートと同様に

浅漬けはご飯作りの簡単健康最強コンテンツ!

浅漬け野菜でワインもおいしいんです♪

 

それに最近はまった「75℃ー75分」の鮪のソットーリオの仕込み。

覚えやすいのは塩も75gということ!

冷蔵庫から取り出し立てでもとても柔らかくいただけます。

そして、素材としてもトマトやインゲン豆と合わせてサラダや副菜にもなって便利です。

もちろん浅漬けと合わせてもOK。

 

長期自粛生活でずいぶん家庭料理のフォーマット化が進みましたw

 

 

先日リチェッタのクラスでは、ヴェネト料理の歴史と伝統について勉強しました。

バラエティに富んだ地形や

主要な港を持つ海運国家として、昔からモノと情報に溢れていた歴史などによって

いかに伝統料理が生まれていったかがぎっしりとイタリア語でA4紙3枚!

通常のリチェッタと違って見慣れない大過去や遠過去の表現もちらほら。

最初はパニックになりそうな緊張感、からのそのあとは寝落ちしそうな長い時間の後、

イタリア料理とは全く関係ないですが、お遊びで白米の炊き比べをした時の写真です。

ソットーリオの柔らかい質感が伝わるでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

Ringrazio ognuno...

 

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 13:38 | 原語で作るイタリア伝統料理 | comments(0) | - |
ジャポネーゼとイタリアーノ

 

 

Ciao!

 

8月のソース入門専科

 

レモンでさっぱりといただく夏タリアテッレと

濃厚なポルチーニ風味のアル・フォルマッジョの秋のタリアテッレ。

 

アル・フォルマッジョには毎回トリュフか柚子こしょうを添えます。

どちらもとても相性がいいのです。

 

 

 

レモン風味もチーズ風味もチンクエテッレの爽やかな白ワインと一緒にどうぞ🥂

 

 

ソース入門専科は基本的に近所のスーパーで揃う材料で作ることを目指しています。

リモートでのご参加も可能です。

 

 

 

 

 

Ringrazio ognuno...

 

 

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 16:07 | ソース入門専科 | comments(0) | - |
コロナ強化アイテム

Ciao!

 

ピピピッ♪

コロナ強化アイテム?がさらにまた一つ!

 

 

 

 

 

9月より電子マネーのご利用が可能になります。

 iD

 QUICPay

 交通系カード

 

 

個人的な買い物で電子マネーに対応していない店だともどかしく思っていたのに、

今まで対応できていなったこと、反省しています。

慣れるまではこちらのスキルこそがもどかしくなりそうですが、、、

 

これからはスマホやアップルウォッチでタッチして軽やかにご利用ください♡

 

 

注:カードや電子マネーでのお支払いは ¥3,000以上でお願いしています。                    

 

 

 

 

 

 

 

Ringrazio ognuno...

 

 

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 15:41 | その他 | comments(0) | - |
タラッリ仕込み

 

Ciao!

 

ナポリのタラッリは軽くておいしくてすぐなくなっちゃう。

だからミキサーで一度にたくさん仕込んで、

パスティッチェーラのように一つ一つ大事に包みました💎

 

だけど、

今回もあっという間に空っぽ。。。

 

 

サイズぴったりの包装紙は実はハンバーガーのもので、

どこかに「肉」って書いてなかったか心配💧

 

 

 

 

 

Ringrazio ognuno...

 

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 23:17 | イタリアパン専科 | comments(0) | - |