Search this site
イタリア料理教室「トレパンケ」と真の生パスタ「トレパンケ・プリモ」の日常、レッスンの裏話などをご紹介するブログです

レッスンのお申し込みはこちらまでどうぞ  お電話 096-346-7071 メール contact@tre-panche.com
ホームページのCLASSからもお申し込みできます
00粉

Ciao!

 

朝から晩までご挨拶は「暑いですねー。」の毎日です。

先週から何日も外に出れない状況にあり、この暑さですし、

ずっと家にこもって料理三昧しています。

 

豚まん。

カニクリームコロッケ。

鱧ずし。

手打ちうどん。

シュークリーム。

 

というわけで、我が家は丑の日もまた鱧鮨を作りました。

 

じつはそれ以外は小麦粉を使う料理ばかりで、

人様にご紹介している00粉が家庭料理ではどうなのか?がとても気なっていました。

00粉はエッジを立たせたい料理に使うものであり、フランス粉のようなオールラウンドプレーヤーではありません。

それをわかりやすく説明できればと思いました。

 

結果は、、、

粒子が少し粗い分、ベシャメッラやカスタードなどのクリームは少しざらつくので❌。

ちなみにコロッケのベシャメッラは、バター60g:粉60g:牛乳600gで作りました。

シュー生地は皮のバリバリが際立って⭕。

シュークリームだとクリームと生地で小麦粉を使い分ける面倒さがあり、それだと薄力粉と強力粉と変わりません。

00粉はクッキーだと食感のサクサクバリバリ感、お菓子パンだとクラストのバリバリとクラムのモチモチの対比があってすごくオススメなのだけれど。

肉まんやうどんも⭕。

この2つは粉の質以前においしくて食べすぎ。

灰分多くて真っ白なうどんには仕上がりませんが、いま流行りのオクラとろろと一緒に夏らしくいただいています。

 

 

 

結論としては、何にでも使えるフランス粉はそれはそれで必要だということ😅

 

 

 

 

Ringrazio ognuno...

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 


 

 

 


 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 11:44 | その他 | comments(0) | trackbacks(0) |
ベルギーエシャロット

 

 

Ciao!

 

小型の紫玉ねぎのようで、鱗茎が2つに分かれているのが特徴的なベルギーエシャロット 

今月は野菜のタルトのベースとして登場しています。

みじん切りにするとほんの少しの量ですが、その効力は絶大で、

それがタイトルにつく料理はなくても、あらゆる料理の黒幕です。

 

デパ地下で「シャロット」表示で売っています。

まずは、固形スープを使わずに野菜のポタージュでお試しを。

 

おヒゲが素敵な三つ星シェフ、カルロ・クラッコも

「クールにしたいならエシャロット を使え」とおっしゃっています🤗

 

 

 

 

Ringrazio ognuno...

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 06:49 | 基礎クラス | comments(0) | trackbacks(0) |
固くなったパン料理

 

 

Ciao!

 

6月の言語で作るイタリア伝統料理では、

トスカーナの夏の定番「パッパ・アル・ポモドーロ」を作りました。

このクラスで繰り返し登場する「Quando」や「Se」の解釈もすっかり定着し、

短いセンテンスにすると難なく訳せるようになられています。

 

パッパルポモドーロは固くなったトスカーナのパンを使った、貧しさの中にしみじみとしたブロードの味わいの残る夏の料理。

「パッパ」とは「お粥」の意味で、平たく言えばトマト味のパン粥ですが、

6月はトマトの最終最盛期でもあり、日本のトマトで作ると色も味わいもさらに優しく仕上がります。

 

ベチャベチャしたパン粥が日本人の食感にそぐわないであろうことを危惧して通常のレッスンでは控えていましたが、

意外にもこの素朴なおいしさはストレートにご参加の皆さんに伝わったようでした。

言葉をお借りすると、「オムライスの味に似ている」のだそう。。。

なるほど!

 

今回は塩の入らないパネ・トスカーノも準備した正真正銘の言語リチェッタでしたが、

甘みのない固いタイプなら、チャバッタやバゲットなどでも応用可能です。

角切りにして3日以上放っておきましょう。

 

 

因みにこの料理を作る時は、

以前このブログでもご紹介しましたRita Pavoneの「Viva la pappa col pomodoro」を聴きながら作ると

テンションも上がりまーす♪

 

 

 

Ringrazio ognuno...

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 12:27 | 原語で作るイタリア伝統料理 | comments(0) | trackbacks(0) |
熊本弁とピエモンテ弁

 

 

Ciao!

 

今日はヤギさんと羊さん。

 

手前の青カビのチーズはヴェネトの「ザバイオ」

ジビッボの搾りぶどうで覆われている羊乳のゴルゴンゾーラ。

ラグーナDOPとの相性もGOOD

塩味も穏やかで、個人的に大好きです。

チーズの風味が強いので、それに負けない栗の木のはちみつを添えて。

 

 

そして、奥の包み紙にヤギのイラストが書かれているのがピエモンテの「チット」

ヤギのクセも少なく、優しい塩味のさっぱりミルク味で

ホロホロとした生地の食感はリコッタサラータに似ています。

 

「チット」とはピエモンテ弁で「小さい」という意味。

ん?

熊本弁でも「ちーっと」って言いますね。

アメージング!!

 

 

 

 

 

 

 

Ringrazio ognuno...

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 02:34 | 研究科 | comments(0) | trackbacks(0) |
抜き打ち小テスト⁉

Ciao!

 

今月は2〜3歳用 のイタリア語クロスワードパズルを準備しています。

 

ほぼメニュー名に登場したことのある料理や食材の名前で完成しますので

楽しんでトライしてみてください♪

 

特に「原語で作るイタリア伝統料理」でイタリア語にお馴染みの方はぜひ満点通過を〜🙌

 

 

 

 

 

 

 

 

Ringrazio ognuno...

 

 

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 21:20 | 基礎クラス | comments(0) | trackbacks(0) |
チャバッタ

 

Ciao!

 

粉の規格変更に伴い、微妙に水分量が変わる例として

今月はパニーニや食事パンとして欠かせないチャバッタを作ります。

 

基礎クラスでは時間的にいっぱいいっぱいで、スタートと同時に捏ねを始めなければ間に合いません。

お忙しいところ恐縮ですが、どうぞお早めにご来室いただければと思います♪

 

 

 

 

 

Ringrazio ognuno... 

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 19:20 | 基礎クラス | comments(0) | trackbacks(0) |
エスプレッソマシン

 

 

Ciao!

 

直火式の1杯用エスプレッソマシン

 

ガス火にかけて1分で出てきました。

 

すごいアイディア✨

 

 

 

どういうものか何度聞いても構造がわからなかったので、持ってきていただきました。

2カップ用もあるようですよ。

 

 

 

 

 

Ringrazio ognuno...

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 13:32 | その他 | comments(0) | trackbacks(0) |
乾燥ババ

Ciao!

 

もどすタイプの便利な乾燥ババをいただきました。

 

マニュアル通りにシロップを作って浸けること5時間。

 

膨れた膨れた🙌

高野豆腐みたい!

 

 

しっとり柔らかく、意外にもあっさりして大変美味しくいただきました。

 

乾燥させてみたい。。。

 

 

 

 

 

Ringrazio ognuno...

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 20:00 | 原語で作るイタリア伝統料理 | comments(0) | trackbacks(0) |
規格外塩トマト

 

Ciao!

 

トマトが真っ盛り🍅

普通の桃太郎系からミニトマト、チェリートマト、ミディトマトなど様々な種類が並んでいます。

毎年その話になりますが、トマトの旬は夏ではなく今です!

梅雨に打たれるとトマトの苗は病気にかかりやすく、6月の下旬で一旦時期終了だそうです。

 

今日は「塩トマト」の生産地呼称から外れた規格外の塩トマトが並んでいました。

DOPクラスの 3月頃のブランド塩トマトは、市場の専門家によると

どこの地区の畑の、厳密にいえば「◯◯さん」印の箱でないと本当の塩トマトではないそう。

今日の規格外はカルトッチョ用に買ってみましたが、そのまま食べても本当に美味しいんです。

 

用途によっては積極的に試してみたいと思っています。

 

 

 

 

 

Ringrazio ognuno...

 

 

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 13:45 | 基礎クラス | comments(0) | trackbacks(0) |
リアルオーブン温度

 

Ciao!

 

お菓子やパンに限らず、放ったらかしで仕上がるオーブン料理は便利で大好きです。

でも、リチェッタや本で表記された温度と、実際ご家庭のオーブンの設定で悩まれたことはありませんか?

私も実際の庫内温度がどうなのか以前から気になっていましたので、

オーブンサーモという温度計で計測してみることにしました。

 

結果、教室に置いているガスオーブンは設定温度ぴったり!

ほぼ「誤差なし!」

ただ、予熱完了音直後はまだ設定温度に達しておらず、それから2〜3分余分にかかりました。

自宅で使っている電気オーブンに至っては常にずっと10℃低く、

料理投入後のリカバリーに12分もかかることが判明。

致命的💧

 

出張レッスンなどで事前に調べられたら失敗回避できそうです。

おすすめです。

アマゾンで ¥864でした🤗

 

 

 

 

Ringrazio ognuno...

 

 

 

、、、さて、

今日も食卓がおしゃべりになるお料理はじめましょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by trepanche | 23:52 | その他 | comments(0) | trackbacks(0) |